So-net無料ブログ作成

ボランティアに無償でどこまで求める気なのだろうか [時事・ニュース]

東京オリンピックのボランティア問題は千円分の記念カードが配られることで一件落着したかに見えますが、問題は片付いていないようです。
早朝から始まる競技のボランティアは前日の終電で現地入りして、準備が始まるまでの間は仮眠ではなく、士気ややる気をおこさせる時間で過ごさせるという。
意味が分からない。

私はボランティアをしない主義なので五輪ボラも申し込みしていませんのでどうでもいいのですが、ボラをする人たちはそんな待遇でやる気が出るのか疑問です。
五輪ボラ問題は早い段階から問題視されていたのに自分で応募したのだから千円のカード1枚でやる気を出すしかないでしょうね。
ボランティアの発祥の外国ではボランティアをする人たちに最低限の常識的な範囲で礼をするのが当然となっています。
「食事、宿泊先、トイレ、休憩所、飲料水、最低賃金」、これがボランティアが受け取る待遇と報酬の相場です。
ところが日本にボランティアの概念が持ち込まれた時には無償労働となって都合の良い扱いになった。
企業で実施されている年次有給休暇とは別に設けられたボランティア休暇も多くが無給となっています。
ボランティア休暇が作られた理由は、年次有給休暇を消化してボランティアに行かれたら企業は年次有給休暇を従業員に使われてしまうので、無給のボランティア休暇を作ったのです。
企業が社会貢献(CSR)を本当に考えているのならボランティア休暇を有給にします。
「ボランティアに行きやすいように」というのは表向きでしかありません。

業界団体にもボランティアの要請が来ているとかで、医師、通訳、といった専門性が必要な職業に来ていて、英語が堪能など条件も付いているとか。
ボランティアで応じたい志ある人だけを求めているのですから疑問に感じる人ややりたくない人は拒否しても問題はありません。
私は来年の夏は予定通りであれば専門学校2年生の夏休みですが、五輪ボラもしないし、普通のボランティアもしません。
五輪ボラはやりたい人だけやればいいし、オリンピックに興味がなければ見なければいい。
私は開会式だけテレビで見るだけですね。
オリンピックなんてよその国でやってもらいたい。

「暑さ対策は基本的に自己責任」
「早朝の競技は終電での会場入り」
「競技開始までボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討」
もはや、自己責任論、精神論の世界ですね。

兵庫ではマッドマックスの世界観、北海道では北斗の拳の世界観 [時事・ニュース]

─「俺の道で何を」タンクローリー強奪か 男に逮捕状─
この事件はあおり運転をされた末に乗っていたタンクローリーまでが奪われました。
6月20日午前1時すぎ、兵庫県佐用町の中国自動車道でタンクローリーが前を走る車に車線をふさがれて停車させられました。
車を運転していた男はタンクローリーの窓ガラスを割って運転手の顔を殴り、「俺の道で何してくれるんや」と暴言を吐きました。
その後、男はタンクローリーを奪って走り去りましたが、現場から7キロ先のトンネル内でタンクローリーは発見されました。
殴られた運転手は全治2週間の軽傷を負いました。
実はこの男、同じ日に大阪府吹田市の路上で通行人の顔を殴り、けがをさせたなどとして、すでに傷害の罪などで大阪地検に起訴されていました。
警察は岡山県津山市に住んでいた37歳の男があおり運転の末に運転手を殴り、タンクローリーを奪ったとして強盗致傷と器物損壊の疑いで逮捕状を取りました。
事件発生から2カ月、警察はこの男を近く逮捕する方針です。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190820-00000058-ann-soci

タンクローリーを奪うってマッドマックスの世界観です。
強盗傷害、器物損壊、別件の暴行で実刑でしょう。
しかし、今まで2か月間、逮捕していなかったのは逃亡させるきっかけになる。
これだけ容疑者の逃亡が多く発生しているのに野放しとか考えが緩い。

─北海道でも恐怖の瞬間 バール手に「出てこいや」─
それは2カ月前、北海道の国道で起きました。
突然、目の前に強引に割り込んでくる白い車。
この車は信号が青になったにもかかわらず、前に進まないどころか後ろに下がってきたのです。
それを見て慌ててバックすると、後ろに止まっていた車に衝突。
運転手とその奥さん、そして小さな子どもの家族3人が乗った車はその後、身の危険が迫る状況に追い込まれます。
被害に遭った男性はすぐさま警察に通報します。
その間に車から降りてきた白いTシャツの男がトランクから取り出したのは金属製の工具でした。
助手席から降りてきた女性は、子どもを抱いて携帯電話で車を撮影しています。

きっかけは、クラクションを鳴らしながら空ぶかしや蛇行運転をする3台の車を追い抜いたことでした。
その直後から危険な運転が始まったといいます。
1台の車が前に出た時に脇道に逃げ込みますが、それでも3台の車は執拗(しつよう)に追い掛けてきたそうです。
約18キロにわたって追い掛けられた揚げ句、冒頭の信号にたどり着いたのです。
つまり、男性の車は3台の車に挟まれる形となって後ろの車に衝突したのでした。
駆け付けた警察は、金属製の工具を振りかざしながら脅した24歳の男を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕しました。
そして20日、この男は書類送検されたのです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190820-00000059-ann-soci

3台で蛇行運転をして女子供が乗っている車に抜かれたからと追い回して強制停車させ金属の長い工具を持ちながら襲撃しようとした。
北斗の拳の世界観です。
書類送検だけで済ませて罰金刑か。
せめて身柄送検と免許取り消しは必要。
逮捕されているのに実名報道もされていない。
甘いな。