So-net無料ブログ作成

超大型台風のなか4駆6台で河原で立ち往生して冠水し18名孤立、という内容 [時事・ニュース]

─河原で走行中、増水 玖珠18人孤立 車道なし 四駆ファンに人気─
玖珠町の大谷渓谷で14日夜、台風10号の影響によって川が増水し孤立した18人が乗っていた車6台は、河原を縦列走行中に増水に見舞われたことが捜索関係者への取材で分かった。
一帯の河床は平らな一枚岩が広がり、地上高の高いオフロード車を走らせるファンには人気の場所だという。

現場に車道はなく、岩や石が転がっている。
車6台はいずれも地上高の高い四輪駆動車で同車種。
縦列で走っており、数台がバランスを崩して立ち往生していたところ水かさが増したという。
18人は乳幼児ら未成年11人を含む男性12人、女性6人で、いずれも佐賀県に住む5家族。職場の仲間や親類などのグループ。

地元住民によると、渓谷沿いに車道はないが一部には河原につながる斜面がある。
そこから四輪駆動車やバイクで河原に降り、走行したり遊んだりする人は後を絶たない。
そうした映像は動画投稿サイトに上げられている。
ただし、14日は台風の接近が予想されており、雨も降り始めていた。

ある住民は「好天時ならまだしも、あんな日に川に立ち入るなんて信じられない」と絶句し「ホタルもいる環境が壊されるかもしれない」と憤った。
県などによると、現場の川は奈女(なめ)川の支流で法的には川に立ち入ることは禁じられていないという。
玖珠町役場の河川管理担当者は「車が入っているとは今回の事が起きるまで知らなかった」と話した。
https://news.livedoor.com/article/detail/16934402/

『車6台はいずれも地上高の高い四輪駆動車で同車種』
思い出したのはデリカD5。
三菱自動車のデリカのクリーンディーゼルのCMでは、クリーンディーゼルの4輪駆動車が3台連なって悪路を進んでいくというアドベンチャー的な描写があります。

【三菱・デリカD5 CM】-日本編 2018-
https://www.youtube.com/watch?v=8i9vueUcn90
悪路でジャンプしてます。
【三菱・デリカD:5 CM】-日本編 2019-
https://www.youtube.com/watch?v=A4xQ86acuRU
海辺の崖上で親子でキャンプしてます。
夜には霧まで立ち込める。

オフロード御一行様が乗っていた車がデリカなのかは定かではありませんが、CMの描写を真似たのかもしれない。
ランクルかデリカD5しかイメージできない。
でなければバーベキューの為に台風の最中、渓谷だの河原だのに行きませんよ。
子供を乗せた4駆の車6台が列を成してチームを作り、超大型台風が上陸するシチュエーションを狙って決行したのではないかと思います。
アドベンチャーフィールドを突き進んだ末路は「助けてほしい」。
全員無事に救出されたようですが、二度と子供が危険にさらされないように6台とも濁流で冠水して全損していますように。
次の車はオフロードできないようにFFのハイブリッドにする事。

共通テーマ:ニュース

副業しなければやっていけない薄給ならば転職したほうがいい [時事・ニュース]

─35歳以上の68%が「副業したい」─
35歳以上の68%が副業をしたいと考えていることが、人材サービス会社エン・ジャパンの調査で分かった。
一方、実際に副業をしている人は24%にとどまった。
政府は兼業・副業を促進しているが、同社の担当者は「年功序列や終身雇用が崩壊し、将来に金銭的な不安を感じて副業を希望する人が多いのに、企業側の体制が整わず、導入が進んでいない」と分析している。

今後どのような働き方をしたいかを尋ねたところ、「本業以外に副業したい」が68%、「起業したい」が14%、「本業だけで定年まで勤めたい」が13%だった。
副業をしていない人に理由(複数回答)を聞くと、「会社が禁止している」が50%と最多。「どう始めていいか分からない」(39%)、「本業が忙しく時間がない」(33%)が続いた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48616870W9A810C1CR0000/

年功序列制の崩壊は基本給の頭打ちの早さでも明らかな兆候となって現れています。
その頭打ちの年齢は平社員だと新卒から働いてきて35歳で概ね迎えます。
40歳になったらグループ会社などへのリストラが始まり、45歳になると早期退職。
「30歳までに出世するか否かは決定し、35歳になると頭打ち、40歳でリストラ対象、45歳で早期退職」
基本給が上がらないだけでなく給与の減少は残業時間の削減による影響もあります。
働き方改革による残業時間の抑制と36協定による残業時間の抑制によって給与は減少し、残業をせずに仕事を終わらせるのに始業時刻よりも早くに出勤してサービス労働を行い、昼食時間もサービス労働をする。
ランチミーティングというものが一部の企業ではやっているらしいですが、昼休憩の時間に会議をするのも残業が認められない為。
ランチミーティングはミーティングという労働ですから労基法違反になる事を覚えておいてください。

副業をしようとしても副業がシフト制のアルバイトだった場合に休日出勤や残業など本業を優先した時に副業を休まなければならなくなり、その副業を長く続ける事は不可能となります。
副業側もそれは承知しているので採用には至らない。
また、本業側としては副業によって本業をおろそかにするだけでなく、本業の仕事内容を副業先で気楽に話してしまい余計なトラブルを作ってしまう事もあります。
副業禁止を就業規則に載せる割には給与が上がらない原因です。

給与が上がらない原因は課税率の上昇によって可処分所得が減少している事も大きな原因です。
それを補わせる為に政府は副業を推進しているのですが、肉体的な疲労という代償を負うのは本人です。
消費税10%になったらどうにもならない家族が出てくるでしょうね。
未婚者の私だって消費税10%は大変なんですから。
1人で2%の増税なら4人家族なら8%の増税のようなもの。

新卒から働いてきた会社で給与が増えず、リストラの憂き目をみるぐらいなら副業を考えるよりも第二の仕事を目指すべきだと思います。
特に30歳以上の未婚者の男女は考えるべきです。
今の仕事のスキルは次の仕事へのステップアップになるのは同じ業種、同じ職種に転職して、転職先で仕事を覚えられた場合にのみ前職の経験は初めて評価されます。
しかし、転職しても本人ができる仕事はその仕事だけなので、その仕事が時代の流れに取り残されずに20年後も30年後も社会で必要な仕事であり続けるかは未確定な部分です。

新卒から働いてきた会社ならば、いっそのこと別の仕事を目指して転職する事も視野に入れるべきだと思います。
2つの仕事ができれば、どちらかの仕事で生計を維持できると考えると畑違いもありだと思います。
また、資格や免許は取得すれば、その資格の職務経歴がなくても有資格者として資格自体は死にません。
資格といってもピンキリなので在職中に取得するなら公的資格、国家資格(免許)を目指すといいです。
新卒から働いてきた今の仕事が嫌になった、会社の進んでいる方向に異論がある、給与が上がらない、将来を見通せない、などの悲観的な考えで副業をしていたら本業でミスをするか事故事案を起こします。
それならいっそのこと畑違いの仕事へ転職するか、在職中に国家資格、公的資格を取得しておくべきです。
新卒から働いている会社に勤めながら本気で副業を考えているのなら転職してしまうか、転職できる準備をするべきです。
自分の居場所は自分で作る。
これぐらいの覚悟がなければ仕事は続けられないし、転職もできません。

退職してまで入学した2年制専門学校を卒業できるかは分からないし、卒業後に正社員で内定を貰えるかも分からないし、就職先で勤まるかも分かりません。
未確定な部分ばかりで退職して専門学校に入りましたが、何もしなくても毎年確実に進むのは年齢だけです。

共通テーマ:ニュース

交際費の抑制=人と会わない事 [時事・ニュース]

─安倍首相、靖国に玉串料奉納=超党派議員が集団参拝─
安倍晋三首相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社に玉串料を私費で奉納した。
自身の参拝は見送る。関係改善が進む中国が首相の参拝に反対していることを踏まえ、日中関係に配慮したとみられる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000032-jij-pol

首相にも天皇陛下にも終戦の日に靖国へ参拝していただきたいのは心情ですが、国際情勢、特に日中関係を考慮すると参拝は極めて難しいと思います。
護衛霊が現在の日本の日中関係を悪化させてまで首相に参拝に来てほしいかと問われると、そんな事はないと思うんですよね。
英霊は今の日本、そしてこれからの日本の発展と国民の幸せを願っていると思うのです。
日韓関係は修復する必要はありませんけど日中関係は切り離せないと思う。

台風10号の影響もあると思いますが、今年の終戦の日の靖国神社は静かだったようです。
日中関係が良好だと靖国も静かなのでしょうね。
私は今日の終戦の日は自宅に引きこもっていました。
寝ていればお金も使いませんから。
自宅から車ですぐの赤羽にある実家にも疲れるから行きません。
赤羽には行っても実家には行かない。
夏休み中は、午前中は起きていて、午後からは夕方まで昼寝、深夜まで起きて就寝、の繰り返し。
出かければお金を使うのも嫌。
後輩は自宅でのシュークリーム作りに成功したそうで、慣れる為に合計10回は作りたいと言っています。
フルーツカットの経験上、作り方を見ないで体で覚えるには10回作ると覚えて、それなりの形で完成できます。
シュークリームも10回目で自信を持ちました。
私も今は12回目ですが、夏休みが終わるまでに15回は作りたいです。
学校の生徒と比較したら誰にも負けない気がしています。

一昨日は一人カラオケに行って3時間も練習しました。
久々にでんぱ組Incの「サクラあっぱれーしょん」と「バリ3共和国(リパブリック)」を歌いましたが、曲を忘れていてボロボロでした。
この2曲を思い出す為に練習に費やしたのが2時間。
どうにか歌えるように戻りましたけど以前のような点数には至らない。
細かい部分の音程がすれてしまっているんです。
私が退店時に会計を済ませると、私の後ろの家族と友人家族(大人4名、子供3人)会計をしたのですが「1万3千数百円です」と言われていて驚いちゃいました。
私なんか一人カラオケですから、カラオケ機器と8人用ぐらいの部屋を単独独り占めして、ドリンクを部屋まで持ってきてもらうコースで、フリータイム利用で在室時間3時間40分、冷房をキンキンに効かせて、合計2千4百円です。
「カラオケで食べ物は頼んではいけない、カラオケは多人数で利用してはいけない。」
カラオケの節約の基本です。
冷房で冷やし過ぎてしまい最後は寒くなっちゃったからラスト1杯はホット黒ウーロン茶を注文してしまいましたよ。

これから消費税も上がりますし、日本は経済的にあまり良い傾向には向かいませんから、せめて日中関係と日米関係を上手に繋がっていないといけない。
韓国という日本の足を引っ張るだけの国と疎遠になったのは日本にとってプラスですけど。
おやすみ。

共通テーマ:ニュース

プールの水面に浮かぶ大型遊具の下に子供が入り込み、その遊具では他の子供が遊んでいた [時事・ニュース]

─としまえんのプールで8歳女児死亡 浮かぶ遊具の下で─
15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区向山3丁目の遊園地「としまえん」にあるプールで、水面に浮かべられた遊具の下の水中に女児がいるのを監視員が見つけた。
女児は病院に搬送されたが、午後4時ごろ死亡が確認された。
警視庁は女児がおぼれたとみて、詳しい経緯を調べている。

水面に浮かべた大型遊具などで遊ぶ子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」。
としまえんによると、競泳用の50メートルプール(8レーン)に設置されていて、水深は最も深いところで1・9メートルある。
利用者全員にライフジャケットの着用を求め、身長110センチ未満の子どもは大人の付き添いが必要だ。
身長は110センチ以上だった。
ライフジャケットも着けていた。

このエリアでは正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検をしている。
午後2時の点検の際に、「浮島」と呼ばれる遊具の下で見つかった。
正午の点検では異状はなかったという。
ここには監視員が7人配置され、当時は約270人が利用していた。
監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000056-asahi-soci

子供の水の事故を防ぐには親が終始、付き添っていなくてはいけない。
しかし、多くの親は子供の監視をしつつ自分が楽しんでいる場合があります。
海やプールに限らず、花火大会、盆踊り、祭り、遊園地、テーマパーク、バーベキュー、キャンプ、だけではありません。
私がたまに行く健康ランドでは深夜1時2時に幼い子供の兄弟が館内で遊びまわっている光景を見ます。
子供に終始付き添っていられないのならレジャーに行くべきではありません。
大人の背丈よりも深い水深なら尚更です。

水深2メートルもあるプールにライフジャケットを着けさせて子供が遊ぶのを前提とした遊具を設置していた豊島園も良くない。
対策を取りようのない遊具なら作るべきではない。
身長1メートル10センチが水深2メートルのプールに入ると言うのは、身長170センチなら水深2メートル60センチのプールにライフジャケットを着用して入るのと同じですよ。
そんな深いプールにライフジャケットを付けたって遊びで入らないでしょ。
遊具の下に入り込まないように物理的な対策をするべきだった。
物理的対策が施されていない遊具を見た時に私なら子供をプールに入らせません。
今回の事件のような最悪の結果を想像したら私なら入らせませんし、自分も入らない。

7月のニュース番組で長引く梅雨で豊島園のプールの利用客が去年の10分の一にも満たないと豊島園が嘆いている記事がありました。
そのまま8月も梅雨のまま8月下旬になってから梅雨明けして、プールは閑散としていればよかったのに。

共通テーマ:ニュース