So-net無料ブログ作成
検索選択
独女通信 ブログトップ

ブオトコが独女に人気なその理由 [独女通信]

─【独女通信】なぜブオトコがモテるのか!?─
女性誌『ViVi』で行われた「彼氏にするなら?」「次に彼氏にするなら?」というアンケートでは、いずれも半数以上の読者がイケメンよりもB男を選ぶと回答しているとか。
B男、恐るべし。
今回は、独女の目線で彼らの魅力を語ってもらった。

開口一番、「好きな顔のタイプは松尾伴内」と話してくれたのは、ミキさん(29歳)。
「もともと自分は女度が低く、男性に甘えたり頼ったりするのが苦手なんです。好意を抱いてくれる相手にも、テレ隠しでキツイ言葉を返してしまうことがよくあります」。
普通の男性はそれだけでミキさんの元を去っていくが、何を言われてもメゲずに話し相手になってくれる男性がいる。
それがB男なのだとか。

「少しでもプライドを傷つけられるとヘソを曲げるイケメンに対して、B男は打たれ強い。そんなことから親交を深め、仕事やプライベートの相談にのってもらううちに、いつしか恋に落ちてしまうというのがパターンですね。B男自身、自分が外見では勝負できないのを知っている。だからこそ、女性に対してはあくまでも紳士的に振舞うなど、内面が磨かれている人が多いのではないでしょうか?」

だが、たとえイケメンでも仏のような広い心を持つ男性はいる。
それについては、「イケメンに優しくされると、『女の扱いが上手いヤツ』と思って身構えちゃうんですよね。私にとって、外見も中身も完璧な男性は恋愛対象外。付き合うなんて想像しただけで緊張しちゃう。それよりも安心して本音をさらけ出せるB男のほうがずっと素敵です」

この意見に激しくうなずくのはマイコさん(30歳)だ。
「イケメンは、絶対自分のことをカッコイイと思っている。だから彼らがおしゃれをすると、ナルシストのような気がして好きになれません。反対にB男が服装に気を使っていると、なんだかほほえましくて母性本能をくすぐられるから不思議」

B男と交際したことで意外なメリットもあった。
「一見、自慢に聞こえてしまうようなのろけ話をしても、周囲から嫉妬されることがありません。むしろ、男を中身で選ぶ『いい女』扱いされてしまいました。B系の芸人と交際している女優やモデルは好感度がアップするけれど、同じような心理が働くのかもしれませんね」

またB男好きな女性には多かれ少なかれ、アンチイケメンの傾向がある。
それについては、「イケメンにはライバルが多いイメージがあり、無意識にでも心に壁を作ってしまうのではないでしょうか。反対に、外見的にモテそうにないB男には安心して近づけます。これは女性の場合も同じで、美人や美形ほど、意外に結婚できなかったりするものです」

「キモいと言われるレベルのB男は理想が高く、美人しか相手にしない傾向があります。またB男は意外とモテるので競争率も高め。ちょいブサイクくらいがフリーでいることが多く、ねらい目ですよ」
(独女通信 http://news.livedoor.com/article/detail/3164348/

俺らブオトコの時代キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
とか喜んでいる状況ではありませんよ(^^
あのね、ブサイクの男性が女性に気に入られる為には、彼女(奥さん)に従順でなければいけません(><、という事を独女通信では言っているのですよ。
逆らわず、口答えせず、言われたように言う事をきいて、返事は常に「ハイわかりました」、そして気を遣え、という事なのです。
B男が独女の機嫌を悪くした時にはすぐに謝らないとダメ。
状況によっては土下座も必要になるかもしれませんねー。
脚で踏みつけられるかもしれませんよ^^
脚で踏まれてる時も言っていいのは「ごめんなさい」だけw
独女通信が言うほどB男が美人を手に入れるのは難しいと思慮されます。
献身的な奉仕が無いと受け入れられないでしょうし、謝る事が出来なければれ長くは持たないでしょうしね。
要はドMぢゃないとダメですし、そーいう男性はなかなか居ないと思いますけどね。

私は男性を特段意識した事はありませんが、意識するとしたらケンカの時だけですなっ。
女子には意識していますよ、莫迦女に負ける訳いきませんからw
デブスはイヤだしキモいし、美人ちゃんでも精魂腐った美人腐女子は服従させるべきだと思います(^^
美人腐女子の四つん這いの背中がアタイのちょっとしたベンチ代わりだお(;^ω^)y-~~~一服するお

安心して舞夏のピュアスマイルを見せられる人は男女共になかなか居ないんですねー(;^^(職場と空手と学友は除く)
だから、友人・交友関係が狭いのかとも思いますww
もーね、休日にみんなでワイワイ河原でバーベキューとかそういうシチュエーションは私的に有り得ませんし、望んでもいません(^^
いやはや、自分を改めて考察してみると私はホント独女通信チックです。
今年23歳、黒城舞夏(仮名) チョイ独女だねw


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

性を忘れた30代女性(独女通信 [独女通信]

─30代独女に処女が増えているってホント?女性は長い間性生活がないとやがてそれに慣れてしまうらしい。─
「30代独女にジワジワと処女が増えている」
こんな噂が都市伝説のごとく巷で語られている。
本当にそうなのか。
口裂け女以来、都市伝説には一家言ある私は、さっそく取材を進めることにした。

30代独女は私も同じ。でも恥ずかしながら、それなりに出会いもあった。
別に美人じゃないけれど、フツーに暮らしていれば、たまにはぶつかる男だってある。
30歳を超えて処女でいるっていうのは、けっこう大変なように思えるが、最近は違うのか?

コラムニストの清水ちなみさんが監修した『大独身』(扶桑社刊)には、数多くの独女についてのアンケートがまとめられている。
“30歳以上の独身女性の4人に1人は処女である”も、その中の一部。
根本的な出会いがなかったから?キッカケがつかめなかったから?それとも男に根性がなかったから?
どういう経緯で処女のままなのか、これからの可能性はあるのか、興味津々の私は、実際にインタビューをしてみることにした。
でも、内容が内容だけに、いくら紹介とはいえ、なかなか聞きづらい。
それでもなんとか30代、独身、処女の3大条件の揃った女性、ユカリさんにたどりつくことができた。

色白でおとなしそうなユカリさん(32歳)は、エレガントな雰囲気をまとった、なかなか素敵な人だった。
金融関係の会社に勤め、10年になるというが、こんな素敵な女性に声をかける男性はいなかったのだろうか?
「残念ながら、恋愛経験は一度もありません。いいなあ、と思う人はいましたけど、告白しませんでした。どうしても、というほど追い詰められた気持ちにはなりませんでしたし、遠くから見ているだけでも充分に素敵な経験ですから」。

わからない。目の前においしそうなものがあると、手を伸ばさずにはいられない私にとって、「遠くから見てるだけ」というのは、なんとも理解に苦しむ。
「別にひとりでいることが苦にならないんです。特に恋人が必要かと思うと、そうでもないし。お友達でも独身の人はたくさんいます。だから、今はこのままでいいんじゃないか……と」。
ますますわからないぞ。自分が嫁き遅れているとか、負け犬だのと、焦ることはないのか?
「さあ……。たぶんないんでしょうね。結婚した友人達もいるけど、必ずしも優雅でリッチには見えないし、彼女たちをうらやましいと思ったことは、一度もありません」。

よーし、じゃ勇気を出して聞くぞ。ひとり寝が寂しいとか、男に抱かれたいとか、考えたことはないのか?
「さあ……。そこまでストレートには……。でも手を握ったり、肩を抱かれて歩きながら、突然キスされたり、なんてシチュエーションには憧れます」。
と、頬を微かに赤らめて話すユカリさん。でも、中学生じゃあるまいし、聞いてるこっちも別の意味で恥ずかしいぞ。

ユカリさんをインタビューして感じたことは、決して受け身の女性ではない、ということだ。
実家がある、仕事を持っている、焦りを感じさせない環境など、さまざまな条件が揃っているからだろうが、彼女にとっての「独身・処女」は、決して偶然ではなく、選んだ結果、そうなっているということ。

一方で、気持ちではいつも出会いを求めているのに、ずるずると今日まで来てしまった、という女性もいる。それが、ヒデヨさん31歳だ。
「高校、短大と女子ばっかりで男性と知り合うチャンスは皆無でした。短大卒業後は叔母がやっているお花屋さんを手伝っていたので、やっぱり男性と知り合う機会がなくて、とうとう30歳を過ぎてしまいました。この先どうなるかはわかりませんが、35歳ぐらいまでには何とかしたいなって思います。焦ってもしょうがないですけどね。こればっかりは運命ですから」。

もうひとりの独女、38歳のシステムエンジニア、マリエさんも、出会いがなかったタイプだ。
「私はすごく引っ込み思案で、男の人から声を掛けられたらつい逃げてしまうんです。女性の魅力にも自信がないし、このまま死ぬまで処女かもしれませんね」。
今は恋人を持ちたいということに、熱意や夢がなくなったというマリエさん。
30代前半は、恋人がいない状況がツラかったが、36歳を過ぎてから急に気が楽になってしまったそうだ。
それはいったいなぜ?強く異性を求めていた人が、そのうちに平気になっちゃうなんてことってあるんだろうか?

「男性と違って女性の場合は、長い間性生活がないと、やがてそれに慣れてしまう傾向があるんです。それは独身女性も、結婚している女性も同じです」と語るのは、心身症の専門医、東洋英和女子大学大学院教授、河野友信医師。
結婚している女性でも、夫との性生活がない人は少なくないという。
だが、女性の場合は、なぜか性生活がなくても平気になってしまうことがあるというのだ。
「男性の場合、まずそういうことはありません。でも、女性はそのままの環境に安住してしまうんです。ホルモンなどの生理的なメカニズムも関係していると思いますが、性に興味を失ってしまった、ということで悩んでいる女性も、たまにいらっしゃいます」
と河野先生。

独女を長く続けていると、異性への興味も失ってしまう可能性もある?
なんだかそれも怖い。いや、そんなことはないか。独女にとっては、ありがたい身体のメカニズムなのかも。
変な男に振り回されるくらいなら、ユカリさんのように泰然と、ひとり悠々自適で暮らす。
それも悪くはないかもしれない。
(独女通信 http://news.livedoor.com/article/detail/3133105/

女子たる者、威風堂々、清々と生きなくては女が廃(すた)るというものです。
凛したその姿こそ女の魅力というものです。
快楽に流されて生きているようではダメなんですよ。
用も無いのにセクースなんかしてると頭バカになっちゃいますよ。
尻が軽い女というのは大抵はバカなんですねー。
それよりも、女は己の力を養うべきです。
学歴、資格、仕事、教養、知識、趣味、それと収入、これこそ生きる姿勢でございます。

私の嫌いな女はですねー、
男性の前だと自分を演出している奴。
イヤだね~~^^
更に悪いのは声までいつもと違う奴。
もっと地でいけっつーの。
どうも共学校出身者は自分を虚飾する悪い癖があるように思うのです。
特に中高の6年間を共学校で過ごした人はその傾向があるように思います。
そういう女に騙されている男も男ですけどね。
女子校にいると殆どの子は地ですよ「地」。
私なんか学校の廊下の壁にローリングソバット入れたり、フルコン空手の連続技をクラスメートに教えたりね。
昼休みの時間は家から持ってきた新聞を脚組みながら朝に読みきれなかった続きを読んだり、伊達にオバちゃんの異名があった訳ではありませんから^^
酷い生徒になるとナプキン(当然未使用)でキャッチボールしてたぐらいですから←これは莫迦です(;^^

二面や虚飾で作られた者の何処に魅力を感じるのか私には理解できません。
これは女だけでなく男性にも言える事ですから心の片隅にでも留めておいて下さい。
自分のやりたい事をやると決めている女性は何も焦る事はありません(´ー`)
義務感に駆られて先走ると人生の勢いが失速するそうですよ。
やりたい事は自分で決めてリベラルにやっていきましょうよ。
一度きりの人生、大切にしたいものです。

ニュースソース読んでふと思ったのは、空手道場にいつまで通えばいいか、という事です。
実は就職したばかりの今月は1度も行っていないのです。
働きながら通うのって大変だと思います。
空手やってなくても運動不足は心配いりません。
毎日、構内を1時間ぐらい歩いていますから。
千円券1シートは掛かる毎日のお昼ごはんの店や物(出前)も栄養士として考えて頼んでますしね。
でも、仕事に落ち着きが出たらまた暴れたいです^^
スポーツジムでは物足りないからやっぱし空手だね。
今はとにかく、風邪を治す事が優先ぢゃっ。
寝すぎて眠くないけど、薬飲んでまた寝ます。。。。


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

タバコ休憩:喫煙者VS嫌煙者(独女通信 [独女通信]

─仁義なき「タバコ休憩」をめぐる闘い─
 ランチタイムも終わり、眠気が襲ってくる午後のひと時。
休憩を取ってリフレッシュしたいところだけれど、お昼に休憩を取ったばかり。
自分で自分をつねってみたり、トイレに行ってみたり。
そんな努力をしている横で、悠々と喫煙所に向かう喫煙者の同僚たち…。
いわゆる「タバコ休憩」だ。
日本の多くの会社では、暗黙のうちに認められているこのタバコ休憩だが、非喫煙者の多くは不満に思っているのを知っているだろうか?

問題は、多くの会社ではタバコ休憩は許されても、非喫煙者が同じ時間、休憩できる空気でないことにある。
非喫煙者の会社員・由紀子さん(33歳)はその実態をこう話す。
「タバコを吸う人には、『喫煙所に行く』という理由があるけど、席を外す理由がないから休憩を取りづらい。その上、自由にタバコ休憩を取っておきながら、非喫煙者が気分転換をしようと席を外すと『どこに行ってたの?』といちいち聞いてくる喫煙者がいるから、ますます休憩が取りづらくなるんだよね」
そのため、非喫煙者の同僚の多くは、トイレに行くぐらいしか気分転換の方法がないのが現状だとか。
「でも、私は喫煙者のタバコ休憩のトータルは、非喫煙者が休憩できる時間と考えているので勝手に休憩しちゃうけどね。喫煙者に『どこ行ってたの?』って言われたら、『休憩ですがなにか?』って堂々と答える(笑)」。

由紀子さんのように休憩が取れる人はまだ恵まれているかもしれない。
辛いのは派遣社員だ。
派遣社員の奈緒さん(34歳)は、非喫煙者。
「派遣社員でも喫煙者の子は、仲間と一緒に行ったりしてるみたいだけど、休憩場所がないから、非喫煙者は休憩できない」と不公平感を語ってくれた。
また、派遣社員ならではのこんな現実もあるそう。
「会社によっては正社員さんが『休憩しながらやってね』と声をかけてくれるところもあるみたい。でも、『周りが忙しくしてるのに、休憩なんてできない』という人が多いよね。でも、時給制の派遣社員が勝手に休憩を取るのはどうかなと思うから、私は休憩を取らないけど…」
つまり、休憩の取りやすさにも「正社員の喫煙者>正社員の非喫煙者>派遣社員の喫煙者>派遣社員の非喫煙者」という図式があるというわけだ。

しかし、「正社員の喫煙者」である独女にも話を聞いてみると、
「一服しに行くときは、気づかれないようにそ~っと出て行く。自分としても、後ろめたいんだと思う」
という声がいくつも寄せられた。
冷たい視線は感じつつも、喫煙者にとってはやめられない至福のひととき。
また、喫煙所では違う部署の人と顔見知りになったり、リラックスして仕事の話ができるというメリットもあるという。

喫煙者と非喫煙者のタバコ休憩への思いはそれぞれだが、非喫煙者の会社員・美津代さん(32歳)の喫煙者への不満は少し異なる。
「喫煙者だけでなく、非喫煙者も個人の裁量で休憩は自由だから、タバコ休憩に対して不満はナシ。それより会議中のタバコの方が困りますね。喫煙者は快感なんだろうけど、近くで吸われるのは非喫煙者にとっては苦痛でしかないから…」。
せっかく分煙になっていても、狭い空間に喫煙者と非喫煙者が長時間入れられるのは、非喫煙者にとっては苦行そのものだ。
このあたりにも、日本のかつての喫煙者優先のタバコ文化の名残りが垣間見える。
(独女通信 http://news.livedoor.com/article/detail/3131742/

私の楽しみ独女通信の最新号だお( ^ω^)y-~~~~
─迫害─
タバコ休憩と揶揄される原因は非喫煙者による喫煙者の迫害にあります。
「けむいから外で吸え!」から始まった禁煙ブームは喫煙者を外へ追い出すという乱暴な行為に至ったそうです。
今ではその粗悪な環境から多少なりとも解放され、集煙機を設置した喫煙所(室)で吸えるようになったそーです。
しかし、ルールを守って喫煙所でタバコを吸っているのに「休んでいる、さぼっている」と言われる筋合いはないのであります。
そのような環境に追い込んだのは非喫煙者なのですから。
まだ文句を言い足りないのかね(;^^?
逃げ道を残さずにあんまり追い込むと逆に首刈られますよ。
窮鼠噛猫 (きゅうそこうびょう)って知ってるかお(;^ω^)?
離れた場所にある喫煙所ではなく、各部署の部屋の一角に集煙機を設けた喫煙スペース(コーナー)を設ければ良いのです。
近場で気軽に吸いに行けるし、同じ室内ですからサボっているという誤解を生じさせないのです。
部屋が広ければ2箇所3箇所に分散して設置すればいいのです。
うちの職場は同じ室内の喫煙スペースで吸うようになっていまして、集煙機はありませんので形だけの分煙です。
うちの課の喫煙率高い高い(^^8割ってところ。
隣の分煙されていない警備室に居る警備員も喫煙率は高そうです。
つーか、極論を言わせて貰えば受動喫煙馴れこそが最大の解決策(ベストアンサー^^)なのです。
因みに防犯カメラのモニター監視兼防災センターと併設の保全課の設備監視室は機器の都合上、禁煙&飲食禁止になっています。

─STデュポン@フランス─
構内に売店と自販機だけでなく、多種のタバコ銘柄と喫煙道具を揃えたタバコセンターがあればいいな~と思います。
私の愛用しているSTデュポンの青色ターボライター(15000円)のガスボンベ(1500円)を買いに行くのがめんどくさいので、構内にタバコセンターがあれば便利だなーと(;^^
デュポンのライターといえば、蓋を開けた時の「ピーン!」って音が有名ですよね。
うちの課員と常駐警備員の数名がデュポンを愛用していまして「デュポン連合」なるものを結成しているんです。
私も入れて欲しいと言ったんですけど、デュポンのターボライターはデュポンでは無いという事で拒否られてしまいました(´ω`)
ピーン!って鳴るデュポン、私も欲しいんですけど、ライター1個に9万円前後も出せませんよ。
しかも女でデュポンライターで「ピーン!」なんてやってる人、見た事ないし。。。。
でも敢えて「ピーン!」と鳴らしてタバコに火を付ける仕草って”ワイルドキャット舞夏”に相応しいシルエットかもしれない。。。。
なんか(・∀・)イイ
デュポン連合から聞いた話しによると、音が鳴るデュポンと鳴らないデュポンがあるそうです。
デュポン社としては音が鳴るように作っている訳ではなく、あの音はたまたま鳴っただけの副産物なのだそうで、音が鳴らないからといって返品・交換には応じていないそうです。
なので、買う時は音が鳴るか試さないと泣きをみるそうですよ(豆知識^^)


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

独身女性の5人に1人が生涯独身(独女通信 [独女通信]

─真剣に出逢いを見つけないと独女の5人に1人は生涯独身!?─
 総務省統計局が発表した平成17年国勢調査データによると、30~34歳の女性のうち、実に32.6パーセントが独身だそうだ。
さらにそのうちの22.2パーセントは生涯独身だろうと予想されている。
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査によると、2005年に結婚した女性のうち、いちばん多いのが、友人や兄弟姉妹を通じて知り合うケースで、30パーセントを超える。
次に職場や仕事で相手を見つけているのが29.9パーセント。
以下、学校で11.1パーセント、その他、見合い……と、続く。
つまり黄金パターンの職場で知り合うことと同じくらい、友人や兄弟、姉妹のネットワークは重要だ、ということなのだ。
(独女通信 http://news.livedoor.com/article/detail/3028480/

晩婚化によって30歳を過ぎても独身の男女は沢山います。
晩婚化の原因はやはり先行きの見えない経済不安であります。
それが少子化に繋がっているのです。
自民党が小手先だけの少子化対策を提案していますが、ホワイトカラーエグゼンプションや、ゆとり教育による教育格差、年金問題など、貧富格差の影響が多分に影響している事が原因なのです。
又、女性が一人でも生きていける社会になった事も影響しているでしょう。
結婚に対する魅力は今は薄れてしまった時代なのです。

私も今は若いから意気揚々と毎日を過ごさせて頂いておりますが、これが30歳を過ぎてババア入りしてですね、口うるさいオバサンになってしまったら魅力も何も無い訳ですよ(;^^
ましてや、デブったり、シワったり、声が低くなったりしたら、もーサイアク(´ω`)
完全にオバちゃんである。。。
悲しすぎるぜ。
だから、私はいつまでも美しくいたいです。
目指している30代のタレントは「さとう珠緒」です^^
http://www.petit-smile.com/tamao/
私も(・∀・)キャハッとかリアルに言える30代になりたいのです。
40代では少し落ち着いて「川島なお美」です^^
http://www.naomi703.com/
ノンアルコールのなお美です。
自由奔放に、楽しく、お金に困らず、そして美しく^^そして強くて、キレ者^^
これですお( ^ω^)

でも、お金になびく生き方は私の信条に反します。
だから、経団連のようにですね、保守派や右派に媚びてでも自分達の主張を通すのに、お金で政治に反映させる行為は侮蔑に値するのです。
最近は右傾がお金になるからといって、経団連のような似非保守や似非右派が多くなったそうです。
まるで、在日似非右翼団体や在日似非同和団体のようで恥ずかしい事です。

あくまでも目指したい信条は”自分自身”なのですねー。
私の内定先の配置先に行ってまいりました。
以前ちらっと聞いていた通り休日交代制の部署でした(´ω`)
昼食をごちそうになりましたが、休憩時間でも部屋でしか食事をしないそうです。。。
私の希望通りに栄養士の職ではありませんでしたが、、、何か違うような気がするのです。
総務関係なのですが、課が・・・書けませんが、元公務員だった転職組みの職員達の中に私がポツーンと居る感じでした。
その課の女子職員は事務員で1人だけいましたね。
私は事務員ではなく、その転職組み職員達と一緒の仕事だそーで、簡単に言えば管理みたいです。
採用試験の1度だけの面接が時間にして長かったからといって、その場で思いついた事を勢いだけでペラペラと言うものではありませんね^^
ここ最近、独女通信が気になる舞夏です。。。
もー、いいんですけどね(^^・・・・

寝ます(´о`)スピースピー・・・・


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース
独女通信 ブログトップ