So-net無料ブログ作成
検索選択
日記・雑感・ドライブ ブログトップ
前の10件 | -

I'm journey back in the JPN right now^^ [日記・雑感・ドライブ]

3月1日、北京から日本に戻ってきました。
この1年間に日本に一時帰国していた3週間を除いたら1年の殆どを北京で過ごした事になります。
この3日間で私が感じた1年前の東京との違いを挙げると、
・道路を走っている車の数が減った
・軽自動車やコンパクトカーが増えた
・飲食店のお客さんが減った
・ガソリン価格が安くなってもスタンドの給油で混み合う時間帯でも空いている
今のところはこのぐらいです。
誰に話しを聞いても景気が悪くなったとしか聞きませんね。
北京より冬を感じるほどの寒い日本経済です。
という事で、日記はダラダラ書かせて頂きますので誤字脱字文法違いも許してね。
因みに、NTTの光ファイバーが私の部屋に開通しました。
北京から接続するより速度が断然早いですね。

帰国休暇の間に色々欲しい物を買おうと思っていましたが、日本を1年も離れていると予想外の事が起きているもので買い物の内容が一部変更となりました。
・車のバッテリーが終わった
3年半前にユアサのメンテナンスフリーバッテリーに交換したのですが、耐用年数の3年を超えたのと車を動かせていなかった為にイグニッションに電源は入るもののエンジンが始動できませんでした。
JAFを呼んでバッテリーを繋いでもらってアイドリングで充電し、ガソリンスタンドで同じユアサのメンテナンスフリーバッテリーを交換しました。
私の車のバッテリーサイズは80と大型なのですが、今回85を入れましたので若干の性能アップとなりました。
バッテリー代32000円。

・ドアミラーの付け根の塗装剥げ
塗装の隙間から水を吸い込んでしまったようで、おそらく水膨れの状態から塗装が破けてしまったと考えられます。
塗装が剥げて下地が見えているので目立たない位置だけど、ばれると非常にカッコ悪い。
剥げている部品を交換すればいいのですが直すほど新しい車ではなくなっているので直しません。
ボディーコーティングもする予定でしたがコーティングする前に部品を交換したほうが良い話しであって、コーティングもしないと思う。
車の買い替え時期が徐々にですが近づいているのを感じました。

・デジタルカメラ
北京に滞在していた時にまともに撮影をしたのは2回だけ。
クリスマスイブの夜の王府井大街と、万里の長城。
どう考えても日本で何かを撮るとは思えませんので購入取り消し。
カメラ要らない。

・自室のテレビ
私の部屋のテレビにブラウン管ズレが起きてしまいテレビがまともに見れません。
プレステ2も画面の中に映像が納まっていませんでした。
よって、テレビ・テレビ台・ビデオ・DVD・PS2・PC用プリンター、以前から壊れていたMD/CDラジカセを電気屋にて有料で廃棄処分を依頼。
3500円かかりました。
私は元からテレビを見ない人ですし北京に行ってから更に見なくなりましたので自室にテレビは要らないので買いません。
予定していたPS3もテレビが無いので購入を止めます。

・オイルヒーター購入
北京では暖房器具で一般的に使用されているのは、床暖房・エアコン・オイルヒーターです。
オイルヒーターは熱量が低いのですが、部屋だけでなく建物のロビー等でもよく見かけ、長時間運転させる事によって室温を保つようにしています。
私の実家は壁に断熱材が入っていない古い家屋なのでボロ屋。
石油ストーブか石油ファンヒーターでないと部屋が暖まりません。
寒い家なのに熱量の低いオイルヒーターを購入した理由は石油ストーブの補助目的と、就寝中に室温を保つ為。
オイルヒーターを一晩中つけていると寝起きの朝方の冷え込みは随分と緩和されて布団に籠りっきりという事もなくなりました。
ただ、中国の電流は200Vなので小型のオイルヒーターでも結構暖かいのですが、日本の電流は100Vなので中国のオイルヒーターと比べると暖かくなりません。
オイルヒーターは日本製よりも外国製の方が良い商品が多いそうで、最も有名なのはデロンギだそうです。
私もデロンギを買いました。
4万円。

・廃品回収依頼
自分の部屋に置きっぱなしにしておいた各種家具や雑貨品。
帰国してその膨大な不用品の数にゲンナリ。
航空便でこれから送られてくる私の段ボール箱の置くスペースすらありません。
8畳の部屋ではやはり手狭です。
北京にいたときには寝室が目安で16畳程度、居間とダイニングで25畳程度、幅広の廊下、広いウォシュレットトイレと広い日本式浴室、これを1人で使っていたのですから手狭な筈です。
セミダブルのベッドが2つあって、立派すぎる鏡台があって、大きなクローゼットがあって、メイドサービスで部屋の掃除も毎日してくれて、はぁ~ぁ。
ボロ屋と狭い部屋に戻ってきた私は今、もの凄く貧しさを感じています。
北京のホテル公寓が懐かしい。
床暖房だけで十分暖かかったもんなぁー。。。。
という事で、8畳の限られた空間を有効に活用する為に廃品業者へ処分を依頼しました。
古くなった要らないミニテーブル・栄養学の本・英語の本・くだらない本・CD100枚ぐらい・要らないバッグ類・重たい本棚・カー用品・大量の小物・押入れの中に放り投げていた物、これらを引き取って貰いました。
おかげでテレビも無ければ、物も無いという必要最低限の部屋になりました。
昔から部屋の掃除は欠かさない私なのですが、どうも必要の無い物でも残しておく悪い癖があってですね、見えない所に保管していたのですね(;^^
部屋の奥まで掃除しましたし、スッキリ。
それでも8畳は狭いです。
廃品回収の料金、3万円。
北京から送られてくる荷物は必要な物以外はめんどくさいので段ボール箱から出す気はありません。


・英語の教材
北京で思ったのは母国語1つだけでは生きてはいけないという事です。
日本だけにいるのなら今は日本語だけで十分ですが将来は分かりません。
もしかしたら、インドのようにインド語と英語の2ヵ国語を話せなければ良い仕事に就けない時代が日本にもくるかもしれませんし。
出身大学の英会話講座に在学中の4年間ちょこちょこと通っていただけのレベルではなく、帰国してからは英会話の基本である中学1年~3年までの英語の復習をする事に決めました。
というよりも中学の英語が分かれば後は知ってる単語の数と、英文読み・英会話の場数だけですから、基本は中学英語です。
高校の英語なんて役に立ちませんし下手に高校の英語を勉強すると可笑しくなりますからね。
という事で、北京に滞在中に三省堂のサイトで通販購入した学習指導準拠の教科書ガイドとCDが実家に届いていました。
大量の英語の勉強の本は廃品回収業者に引き取って貰ったので、本当に一からの勉強です。
基本なんて何度やったっていいのです。
ニュークラウン.JPG

・外国語電子辞書
勉強の基本は教科書と辞書を引く事から始まります。
辞書というのは最新版を持っていなくては実用的ではありませんし、辞書を揃えなければ国語でも外国語でも限界がでます。
そこで役に立つのが電子辞書。
EX-word.JPG

2009年モデルのEX-wordの日英電子辞書XD-GF9800(画像の白い方)を購入。
インストールされている辞書の数が膨大なので今現在は戸惑っています。
残念なのは2008年モデルに収録されていた米語辞書が2009年モデルには入っていなかった事。
まだ買ったばかりなので詳しくは評価できませんが満足できるレベルだと思います。
デジカメも買わなかった、PS3も買わなかった、車のコーティングもする予定なし、買ったの車のバッテリーとオイルヒーターだけじゃん^^という事で、2009年モデルの日中電子辞書XD-GF7350(画像のガンメタリックの方)も買ってしまいました。
北京で大活躍させた2008年モデルと比較すると、2009年モデルでは辞書の数が増えましたが、日中/中日辞書が同じなので基本的には変わりありません。
それなのに何故買ったかといいますと、池袋に行って電子辞書を買ったのですがその時に池袋で中国語を頻繁に耳にしたのも理由です。
池袋にチャイナタウンを作るとかふざけた話しも出ていますが、実際に中国人の数は全国的に増えていると思います。
英語と中国語、この2つはこれからの日本では触れる機会が増すでしょうね。
けど、要領を得た日本語を知らなければ英文化も中文化も困難ですから、基本は日本語である事には変わりませんけどね。

・すきッスSTEADY☆キッス のCD
私の感性にピったし合うave;newサウンド(http://www.avenew.jp/)。
白沢理恵と、佐倉紗織(私と同い歳だよ)が歌うアベニューサウンドは優しい気持ちになれます。
最近、「榊原ゆい」という歌手がave;newから出している歌「すきッスSTEADY☆キッス」というのを知りました。
(榊原ゆい http://www.sakakibarayui.com/menu/menu.htm
(すきッスSTEADY☆キッス http://www.youtube.com/watch?v=t7V4Q0VrAp4
榊原ゆいはave;new専属の歌手ではないので(普通の歌手)、ave;new専属の白沢理恵ちゃんと佐倉紗織ちゃんと違う契約でave;newの歌を歌っているようです。
でも、いいよ、この歌。
気に入ったのでCDを買いたいと思いネットで探したのですが、ave;newからも発売されていないし、榊原ゆいとしても発売されていませんでした。
どうやらエロゲームの主題歌なのでメジャーな曲ではないから発売されていないのかもしれません。
でもでも、どうしても欲しくて探しまくったら「Lover Soul」というゲームソフトメーカーの「恋魂詰(こいだまづめ)」というエロゲームの特典に「すきッスSTEADY☆キッス」が収録されたCDが付いているのを発見!
「恋魂詰(こいだまづめ)初回限定版」を買わない限りCDは手に入らない訳です。
お恥ずかしい話しなのですが、

続きを読む


nice!(0) 

北京でGreat Wall [日記・雑感・ドライブ]

北京に来たなら北京ダッグ、長城(changcheng:チャンチェン)※万里の長城、天安門、胡同、秀水街、天壇公園、軍事博物館、は欠かせません。
天安門の中にある故宮は中国の歴史に興味がないと観覧しても意味が分からないので面白くないそうです。
聞いた話しでは故宮博物館の展示物の案内板には中国語と英語しか書かれていないそうで、展示が歴史なので使われている英語も難しいそうです。
私は歴史に興味がないので故宮博物館にはこれからも行く気はありませんが、同じ歴史的建造物の万里の長城は歴史に興味がなくても楽しめる観光地です。

北京に滞在して1年が経つ前に今まで行った事のなかった長城へ行ってきました。
当然ですが単独行動力を鍛える為にいつものように1人ですよ。
行ったのは北京都市部から行けるもっともメジャーな長城「八達嶺」(badaling:バーダリン)です。
八達嶺は北京に来て行かない人はいないとまで言われています。
車で片道1時間ぐらいかかりますが高速道路が空いていれば50分ぐらいです。
ホテルでハイヤーを手配してもらい1日借りて600元。
タクシーで行くよりもハイヤーなら現地で確実に待ってもらえるので、長城へ行くときにはハイヤーかタクシーを借り切った方が安全です。
長城でタクシーに逃げられたら流しのタクシーはいませんから、最寄の鉄道駅まで歩いて帰る事になって大変な目に遭うそうですよ。
”長城通”は鉄道や路線バスで行くそうですが私には無理。
ハイヤーなら1人でも気楽に行けます。

寒い、風が強い、、、、厳しい環境にある長城では冬季は防寒着と手袋は必要です。
外に出ると10分ぐらいで冷たい風に冷やされた頭部がキンキンに痛くなるのでニットの帽子も必要です。
耳も取れそうなぐらい痛いですからニット帽で覆ってしまいましょう。
今月北京では雪が降ったのですが私はその前に行っておいて良かった。

八達嶺頂上での携帯電話の報告です。
GSM通信の海外携帯電話の電波は当然ですがフルに良好状態でした。
ドコモの携帯電話はアンテナ2本でしたがこんな海外の標高の高い場所でもローミングサービスが可能なのには驚きました。
やっぱし携帯持つならNTT-docomoですね^^

続きを読む


nice!(0) 

北京で思ったお金の使途 [日記・雑感・ドライブ]

北京に来て私が思った今後のお金の使い方を書いてみます。
人のお金の使い方に興味の無い方は面白くない記事かと思います。
又、いつもブログを読みに来てくださる8名の方からすれば過去の記事と重複するものもありますがご了承下さい。
では日記なのでダラダラ長々と無駄に書きます。

買い物は私の趣味の一つです。
車を運転してドライブがてら繁華街まで行きショッピングを楽しんで食事、ご機嫌で帰宅。
これほど楽しい休日はありません。
私はお金を稼ぐのが好きだし、使うのも大好きなんです。
日本に帰国したら買い物巡りの1日を過ごしたいなぁ~と考えています。

・光ファイバー
先ずやらなくてはいけないのは自分の部屋へB-フレッツ光ファイバーの再契約です。
北京からNTTへ電話で既に申し込みましたので帰国したら屋内工事日の立会いをするだけの状況です。
光回線の最終端末が新しいタイプになるそうで接続設定の変更が必要かもしれませんから、私、本人が立ち会わないとネットに接続できるか確認できませんから家族に立会いは任せられません。
今申し込むと月額料金2ヶ月分が無料になるサービス期間中だそうですよ。
開通までの間はNTTドコモのFOMAカードで繋ぎます。
FOMAカードは何気に便利なので解約せずに継続するつもり。
ビザ更新の為の一時帰国の時には光ファイバーを解約していたのでFOMAカードは大変助かりました。
でも、今思うと自分の部屋の光ファイバーも固定電話も継続していれば一時帰国の時にFOMAカードは要らなかったと思う。
結論、海外赴任でも固定電話と光ファイバーは継続する方が便利です。

・車のコーティング
赴任直前に洗車屋でボディと窓全面をコーティングして貰ったのですが、うちの屋根付きの車庫程度では半年間で汚れが半端なく付着してしまいました。
一時帰国の時に自分で窓だけ洗ってから洗車屋へ行き、手洗い洗車をしましたがコーティングのお陰ですぐにキレイになりました。
一時帰国から半年後の来月にはコーティング施工から1年が経過するのでコーティングも取れてしまうので再施工します。
ボディと窓全面のコーティングと、フロント窓ガラスの研磨もする予定。
安全運転はストレスフリーの車から、ですよ。
本皮シートの感触、本皮ハンドルの手触り、快適なオートエアコン、静かなエンジン静かなロードノイズ、恋しい。。。。
私のマイカーのコンセプトは「快適・清潔・静粛」です。

通信回線の確保と、車をキレイにしたら、その次は「何を買おうかなー^^」という状態となります。
私は金欲と物欲が旺盛なので色々欲しい物は尽きません。

・靴
衣類・洋服・化粧品の3つに関しては一時帰国した時に大量購入してしまったので十分に確保できています。
バーバリーショップには様子だけ見に行こうと思う。
唯一買いたいのは通勤・仕事で使っていたローファーの革靴。
タクシー移動が殆どの北京ですが仕事での外出が多かったので履けない程ではありませんがけっこうヘタレてしまいました。
私が通勤で愛用している革靴はリーガルのローファーです。
フィット感、動きやすさ、丈夫さ、手頃な値段(1万5千円ぐらい)、これら実用性からもスカートのスーツにも合うのはやっぱしリーガル。
そして私は身長の関係で靴底が低いローファーしか履けません。
それでも履くと174とか175になってしまう。
靴というのは最高の実用品でなければ命に関わる事ですから、リーガル サイコー^^

・空手着、スーパーセーフ(面)
空手は就職してからというもの全くやっていません。
就職1年目は学部学科違いの畑違いの職場で仕事と資格取得に追われ、夜勤までやっていたので道場に通う時間はありませんでした。
自宅でストレッチをやっていただけでした。
2年目は北京勤務になったので日本でやっていた夜勤は無くなったけど、1年目よりも仕事がきつくなったし中国語にも疲れてしまいました。
中国は日本と同様に英語が通じない国なので日本語しか知らない私にとっては疲労感の多い国。
第二外国語で中国語を専攻していた過去があっても中国語は勉強していなかったので何も分からないも同然です。
運動といえば休日にホテルのプールで泳ぐぐらいでした(無料だよ)。
来期3年目は空手を復活させたいと思うのですが、ケガをしたら職場に迷惑かけるし勤務時間や通勤時間を考えると現実無理。
私は腰痛持ちなんですけど原因は下段回し蹴りでのサンドバックの蹴り過ぎだと思います。
サンドバックを打たないと自分の攻撃する力の反動に耐える体が作れないんですね。
だから筋トレや組み手だけでなくサンドバックも打たないとならないんです。
腰椎椎間板ヘルニアは成り掛けた経験があるので勘弁して欲しい。
という事で、空手復帰は無し、買いません。
月謝も払いたくない。

・STデュポンのライター
「ピーン!」と軽快な音を鳴らしながらライターの蓋を開ける、それがデュポンライターのカッコイイところ。
値段は10万円前後もしますが持っててうれしい逸品、私も漆塗りのが欲しい。
しかし、北京に来て思ったのは実用品として大切なのはメンテナンスのしやすさ、購入のしやすさ、ではないでしょうか。
壊れた時に修理に出せて、オイルや発火石がすぐに手に入り、買い直す事も現地で可能、これが実用品です。
中国では殆どの人が使い捨てライターを使用しているのでターボライターの補充用ガスボンベがなかなか売っていません。
ジッポライターは普通に売っていますし、ジッポのオイルも発火石もイトーヨーカドーやセブンイレブンで購入できます。
でも、デュポンは何処にも売っていませんでした。
話しによると、中国人はライターは使い捨ての物という認識しかなく、高級ライターはジッポが限界だそうです。
なので、偽物のデュポンも売っていないそうでデュポンによく似た「ピーン!」と音の鳴るデュポンとは書いていないデュポン風ライターは偽物市場で売っているそうです。
金持ちの国でしか買えないライターなんて実用品としては3流品に過ぎません。
なので、私は使い捨てライターとジッポライターで満足しています。
ブランド品とはクオリティを楽しむ物ですから実用品でなくてはいけないのです。
装飾品としてのブランド品は財産としての価値感が求められるので私としては石よりも貴金属の方が所有感は大きいです。

・ロレックス
仕事用の腕時計には日付を確認できるデイトジャスト(デイト表示付きの黒文字盤/ホワイトバーのRef.178240)と、グランドセイコーのクォーツを愛用しています。
私の手首の径とデイトジャストのベルトの駒の間隔がしっくりするという理由で、今はデイトジャストばかりを着けています。
でも、休日ぐらいはデイトジャストにも休んでもらいたいと思うのです。
毎日つけてたら丈夫なロレックスといえども機械式時計なので可愛そうです。
そこで、今日は何日か?と日付を気にする必要の無いデイト表示のない休日用腕時計が欲しいところ。
ボーイズサイズのパーペチュアル Ref.177200(デイトジャストの日付無し)が欲しいのです。
デイト無しなら休日になったら日付合わせが必要なく時刻合わせだけで済むから楽でしょ。
■第1候補は黒文字盤、インデックス3・6・9+ピンク夜光バー
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/rx_b_perpetual/RX177200BKPKA
可愛さと視認性が両立しています。
■第2候補は黒文字盤、インデックス3・6・9+ブルー夜光バー
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/rx_b_perpetual/RX177200BKBLA
私の好きな黒色と青色の組み合わせは素敵過ぎですが、黒に青では視認性は悪いでしょうし、休日用として軽やかさが足りない。でもこれはいいね。
■第3候補は黒文字盤、インデックス3・6・9+ホワイト夜光バー
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/rx_b_perpetual/RX177200BKA
黒文字盤に白色バーは視認性は良いです。
でも第3候補はRef.178240のこれ(http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/rx_b_datejust/RX178240BK)との違いがあまり変わらないのが残念。
やはり、第1候補か第2候補ではないかと納得しかけていました。
ところが、似たようなデザインにメンズ用のスポーツロレックスにエクスプローラー1というのがあるではありませんか。
(Ref.114270 エクスプローラーI http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/rx_explorer/RX114270BK
ネットによるとタレントの木村拓也がドラマで着けていたらしく、それが人気に拍車を掛けて大人気モデルになったそうです。
私、スポーツモデルのロレックスって好きじゃないのですが、ドラマの小道具に使用されて大人気になったモデルに似たデザインなだけでもパーペチュアルへの興味が途端に薄れてしまいました。
たぶん、エクスプローラーIもいい時計だと思いますが、ドラマで人気モデルになった過去は残念な状況だと思います。
せっかくパーペチュアルでいいの見つけたと思ったらこれで台無し。
パーペチュアルはもう少し検討してみます。
今は円高ですから舶来品を買うのにベストな時期ですけど、これから円が今よりも安くなったとしても私は納得のいく買い物をしたいと思います。

■外国語電子辞書
北京赴任の持ち物リストに載っていた事から初めて外国語電子辞書を買いました。
外国語電子辞書は海外でも便利ですし、外国語を勉強している人にも紙の辞書よりも便利な筈です。
私の持っている電子辞書はカシオEX-wordの中国語エキスパートモデルですが、4万5千円と値段は張りますが期待に応える高性能で意外と頑丈に作られています。
私は中国語はさっぱり分からないので日本で中国語の勉強を続けようとは思っていません。
EX-wordの2009年モデルが勢揃いしましたが日中電子辞書は買いませんね。
でも、大学の4年間の間、専攻学部とは無関係に、通っていた大学が開いている英会話講座に別途料金を出してノンビリペースで通っていたのですから、帰国を機に英語の勉強を再開したいと思います。
それには先ずは新しい辞書です。
けど、紙ベースの辞書の時代は終わり、今や大量の辞書が詰め込まれ、ネイティブ発音が出来る電子辞書の時代。
私、これ買う。
(EX-word 日英辞書 http://casio.jp/exword/products/XD-GF9800/

■英語教材
中学高校の英語の成績は良くも悪くもなく、英語の勉強は大嫌いでした。
私は内部進学で大学に上がった付属校出身なのでそれなりには勉強をしてどうにか推薦枠に滑り込めただけの劣等生です。
なので、大学の英会話講座に通っていた以外には特段に英語が出来る訳ではありません。
英語のペーパー試験を今受けたとしても恐らく成績は悪いと思います。

北京も含めて中国本土では日本と同様に英語の通じる所は非常に限られています。
職場には中国語の話せる人や現地契約の中国人通訳がいるので基本的に日本語で大丈夫なのですが、仕事上での細かい面や私生活では中国語が話せないと苦労します。
それでも英語を勉強していて良かったと思う時もあるもので、空港や日本語通訳者の居ない時間帯の外国人向け病院での救急外来の診察を受ける時や病院の受付では重宝しました。
体の具合が悪い時に通訳の居ない時間帯に受けた診察では、必死になって思い出せるだけの英語をどうにか繰り出して、どうにか聞き取って診察を受けました。
高熱と筋脱力によって職場のイスから動けなくなった時にはタクシーで救急外来へ一人で行き、うる覚えながらも今思い出すと、受付から診察まで私の過去最高の英会話を発揮していたと思います。
私は仮にも学部学科が違うとはいえ4年間、大学の英会話講座にちょこちょこと通っていたのですから、ウイルス感染したあの時には意地でも私はタクシーで一人で病院に行きました。
同僚と一緒に病院へ向かったりしたら同僚を感染させたり職場に迷惑をかけられませんから。
でも、一人で病院へ行って正解でした。
検査の結果、伝染性ウイルスでしたからね、しかも空気感染するヤツ。
タクシーの運転手は私のウイルスに車内の密室でさらされましたけど、中国人は日本人よりも沢山の抗体を持っているので大丈夫ですよ。

私の英語はあくまで学校で学んだ学習英語に過ぎませんし、たかが英会話講座に通っていた程度ですから、日常会話レベルがやっとです。
知ってる単語数には自信がありますが、文法は適当ですし、恐らく、ブログタイトルにたまに使う英短文も間違っているでしょう。
フィーリング的に合う当て字に近い単語を当て嵌めているだけです。
たぶん、中学校レベルの英検3級どころか4級も受からないと思います。
英語嫌いなので仕方の無い事です。
だから、もう一度、中学校1年からの英語の勉強を日本に帰ったらやろうと決めました。
英会話学校なんてお金持ちの通う所には行けません。
なので私は三省堂のウェブショップで中学1年~3年までの英語学習用教材を買いました。
(三省堂ウェブショップ http://shop.sanseido-publ.co.jp/
購入したのは、ニュークラウン 完全マスターCD-ROM1、完全マスターCD-ROM2、完全マスターCD-ROM3、ニュークラウン 教科書ガイド1,2,3の全6点。
合計約3万円。
中学校程度の文法レベルがあれば残りは単語をいかに多く知っているかが大切なので、先ずは中学校の復習です。
基本なんて何回やったっていいんです。
初心に返ってI am a pen(;^ω^) からやり直すのもいいと思うのです。
思うんですよね、私は英語の基本的な部分をいくつか置いてきたままなのではないかと。
復習だからと読み飛ばす事の無いようにしっかり勉強したいと思います。


こんな感じで最近はお金を使っています^^
車もちょっと考えが変わってきまして、欲しい車は3000ccクラスのセダンなんですが北京を走っている汚い車を見ていると動けば何でもいいような気もしてきました。
北京ではパトカーでも武装警察でも軍の車でも一般の高級車でも関係なく、ボロい車に煽られたり、幅寄せされたり、割り込まれたり、クラクションを鳴らされ続けたりします。
周りの車から丁寧に扱われるのは黒地に赤文字で使と書かれた外交ナンバーの車だけですね。
日本で報じられている武装警察はイメージが悪いですが(私も日本にいる時は武装警察は悪い連中だと思っていました)、彼らはすごくマジメですし日本の警察よりも対応も話し方も丁寧ですよ。
世界でも日本人ぐらいじゃないですかね、職務上の権力が伴う公務員になったり高級品を所有すると顕著に偉そうになるのって。

長くなりましたが、結論はお金は大切に使わないといけないという事ですね。
nice!(0) 

北京でhappy New Year^^ [日記・雑感・ドライブ]

元旦の中国語は「元旦(Yuandan)」、英語では「New Year's DAY」、日本語では「ガンタン」。
日本語サイコーの舞夏です、新年( ^ω^)やっおー

大晦日、元旦と休みを頂き、お正月らしいお正月を送るつもりでいました。
31日夕方、現地携帯電話に職場の人から「夜みんなで飲みに行く」と連絡がありました。
日本料理の居酒屋で合流、飲んだ、こんな年末、らしくない。。。。
今日はホテルの日本料理屋の握り寿司を出前して貰いました。
それと、1人前のボッタクリミニ御節も。
私は御節は伊達巻と錦玉子は大好きですが、それ以外は好きな物がないので食べない人ですし、うちの家族は御節が好きではないので毎年自分の家では作らないんです。
でも中国でお正月を迎えると御節が懐かしくて、ついつい頼んでしまいました。
日本と同じ御節と握り寿司が食べれる外国なんてたぶん中国ぐらいでしょうね。
ありがたいです。
まーでも、やっと正月を迎えた気がします。

中国人にとって新正月は1年の始まりではありますが、扱いとしてはただの元日という祝日の一つに過ぎません。
なので2日からは平日です。
しかし、盛大に行われる旧正月が終わるまでは新年であり、元旦前から少しずつですが正月アイテムがお店に並び始めます。
正月アイテムの中でも日本では見かけない2つを紹介します。
・赤い衣類
中国では新正月(1月1日)になると赤いパンツや赤いショーツ、赤いベルト、赤い靴下がスーパーマーケットに陳列されます。
これはその年の十二支の人が赤い物を見えにくい所に身につけると1年の厄払いが出来るとされている風習です。
今年は丑年ですから、今年丑年産まれの人は赤い物を身につけるのです。
最近はこういう迷信めいた慣わしも廃れて、買うのは年寄りぐらいだそうです。
赤を多く取り入れた子供用の正月服もあってですね、これは子供の健康を願って着させるものです。
因みに、結婚式で新婦が着るチャイナドレスは赤が定番なのですが、最近ではウェディングドレスを着る人が多く、服をどっちにするかで新郎新婦VS両家両親連合が対立する事もしばしば起きているそうです。
・十二支
また、スーパーでは牛のぬいぐるみや置き物も売られています。
毎年、新正月を迎える前の12月から旧正月が終わるまでの間、その年の十二支の動物の飾りが販売され自宅にその年の十二支を飾ります。
置き物は本物に似せて作った実物系のデザイン、ぬいぐるみはキャラクター系のデザイン。
置き物は床の間や玄関や棚に飾り、ぬいぐるみ系は子供の部屋に飾るそうです。

元旦は午後から北京の街を散策してきました。
車も歩いている人も少ないし、そして毎日の事ですが寒い(-2℃)、耳がいてー。
北京の商業中心地「国貿中心(guomao zhongxin)」周辺。
国貿中心1 2009-01-01.JPG

沢山のブランドショップやスーパーが地下にあります。
国貿中心2 2009-01-01.JPG

秀水街(xiushuijie)
北京のお土産市場
秀水街の中は人でごったがえしていましたが外は人がまばらでした。
秀水街2009-01-01.JPG


私は今年からブログの文章をもう少しくだけた書き方にしてみようと思います。
試しに、
Like....I wish you a happy New Year^^
(Like....つーか、)
やっぱヤメだ、ただでさえ最近おかしな日本語を書くようになったのにこれはマズイ。
という事で、新年好(xainnianhao)、あけましておめでとうございます。
nice!(0) 

北京でMerry Christmas to you! [日記・雑感・ドライブ]

中国でもクリスマスには街にクリスマスネオンが輝きます。
北京も同様に、私が滞在している日系ホテルでもクリスマスツリーが吹き抜けに飾られました。
北京日系ホテルのロビー.JPG

アメリカ外資のホテルにも日系ホテルのツリーよりも素敵なデザインのクリスマスツリーが飾られていましたよ。
米系ホテルロビー.JPG

ホテルの外もクリスマスムード一色、儒教の国とは思えないほどの盛り上がりです。
仏教と神道が殆どを占めている日本と変わらない商業クリスマスです。
米国流の派手なクリスマスが普通になると、クリスマスなのにお店が休みになって誰も出歩かないという、まるで喪に服した様な西欧のサイレントナイトは生活に支障を来たしているのではないかと思います。
やはりクリスマスは派手にやらないといけないのです。
日本はクリスマスイブとクリスマスを祝日にしてですね、天皇誕生日と併せて3連休にするべきだと思います。
経済効果は大きいと思います。

クリスマスを中国語で言うと「圣(聖)誕節」(読み:Shengdanjie、シェンダンジー)
クリスマスイブの中国語は「圣(聖)誕節前」(読み:Shengdanjieqian、シェンダンジーチュェン)
ですが、中国はクリスマスイブを普通「平安夜」(読み:pinganye、ピンアンイー)と言います。
平安夜には果物を送る習慣が中国にはあってですね、特にリンゴをプレゼントするのが殆どです。
リンゴをラッピングで包みクリスマスカードを添えて友人同士で交換しあうのです。
リンゴを貰っても正直嬉しくないですが、お金の掛からない物ですからより多くの人達と交換できますから、家族や友人を大切にする中国人には便利なのかもしれません。
貰ったリンゴはイブを迎えた24日の0時に食べるそうですよ。

最近では食の西洋化が急速に中国全土に広がっている関係で、都市部ではクリスマスケーキを食べる習慣が増えてきました。
街の中国人が経営しているケーキ屋にもクリスマスになると、中国独特の甘すぎる重たいクリームで作られたクリスマスケーキが並びます。
自由水が少ない事からも日持ちはするでしょうけど甘いものが好きな私でもちょっと無理。
重たいケーキではとてもじゃないけど私1人で1ホールは食べきれません。

子供への親からのプレゼントも都市部では当たり前になりつつあるそうで、特に漢民族は1人っ子政策ですから親も甘やかしです。
クリスマスプレゼント・誕生日プレゼントそしてケーキ、日本と一緒です。
私は小学生の頃からクリスマスと誕生日のプレゼントには物よりも現金を欲しがっていた子でしたから、誕生日やクリスマスに何かを買って貰った記憶は少ないのですけどね。
でも小学生の時にテレビゲームだけは買ってくれなかったし買わせて貰えませんでしたねー。
テレビゲームとか子供部屋にテレビとか、そんな物をプレゼントしたら頭も視力も悪くなるので止めた方がいいですよ。
私はメガネ要らずの人ですが、視力の良い人が多い中国人にも最近はメガネを掛けた人が増えているそうで、近視の原因は受験戦争の影響でも何でもなく、ただのテレビの見過ぎだそうです。
メガネ着装率高さの原因も日本と一緒の傾向に向かっています。
(注釈、視力は遺伝による影響も多分にあります。)
クリスマスだからってガキを甘やかしてはいけませんね^^

─北京クリスマス写真集─
北京のクリスマスイブの様子を見に王府井へ行ってきました。
いつものごとくクリスマスでも私は1人単独行動ですよ。

王府井の入り口は北京ホテルが目印です。
王府井入り口の北京ホテル.JPG

王府井で一番キレイだったツリー
王府井で一番キレイだったツリー.JPG

王府井に大きいサンタ
王府井に大きいサンタ.JPG

Levi'sのツリーと頭に電灯を付けた人
Levi'sのツリー.JPG

エプソンの青色サンタガール。
外資企業、特に日本企業は中国にとって欠かせない存在です。
日本で見かけるサンタガールの多くは赤、まれに緑を見かけますが青色は見た事がありません。
日本で青色サンタガールを見かけるのを毎年待ち望んでいましたから、私は北京に来て本当に良かったと思います。
そういえば北京の道路灯やネオンには青色がよく使われているように感じます。
お店のネオンは赤とオレンジが主流ですね。
エプソン青色サンタガール.JPG

ロレックスがイギリスで販売不振になった時に作ったのが普及価格帯(だいたいロレックスの半額ぐらい)のTUDORです。
ムーブメントはETAですがロレックスと共通した部品に収めているので壊れない自動巻き時計として、ロレックス・オメガ・タグホイヤー・グランドセイコーと並ぶ頑丈な高級時計です。
TUDORの看板をここまで大きく出しているお店は日本では銀座の1軒以外は知りません。
王府井ROLEX&TUDOR.JPG

王府井で逆バンジーが行われていました。生きるか死ぬか、年末最後の運試し的なノリでしょう。
王府井で逆バンジー地上.JPG

飛びました。。。。
王府井で逆バンジー上空.JPG
女性数人が乗っていましたが無事生還できましたよ。
こんな場所で逆バンジーをやるのもクリスマスだからだと思います。今回だけ見逃してあげました。

私のブログに何度か書いた事のある城管執法です。
公道の安全と秩序を守る中国オリジナルの公務組織。
日本にも世界にも類の無い組織なのでイメージしにくいでしょうね。
車に搭載された警光灯は青色と黄色なので緊急走行はできません。
緊急車両は赤色と青色になります。
城管執法.JPG

王府井のランドスポット東方新天地。香港企業が経営しています。
北京の不動産投資は香港から進出している外資企業が多いのです。
東方新天地.JPG

東方新天地の前にも頭に電灯を付けた人がいました。
頭に電灯.JPG

彼女も頭に電灯を・・・・
頭に電灯2.JPG

電灯を売っている人です。
クリスマスだけの電飾ファッションのようです。
色は赤・青・緑・ピンク・オレンジを見かけました。1個8元です。
こんな物をつけて歩いているなんて恥ずかしいと思います。
でも、もし私が電灯を頭に付けて歩くなら絶対に青色だな。
どうせ付けて歩くなら好きな色にしたいじゃないですか。
クリスマスですから^^
他にもサンタの帽子をかぶっている人も沢山いましたよ。
中国人は日本人以上にクリスマスビジネスに乗せられているようです。
頭に電灯を売る人.JPG

という事で、( ^ω^)Merry Christmas to you!
少しだけクリスマス気分満喫.JPG
nice!(0) 

中国の食と栄養学の西洋化 [日記・雑感・ドライブ]

「陰があって陽がある」
陰と陽、相対するこの言葉は日本でも古来からありますね。
陰と陽の関係は中国の「陰陽五行の観念」といいます。
中国では昔から継承されている陰陽五行を元とした栄養学があるのですが、陰と陽の食べ物をバランスよく食べる事によって健康を維持するという方法です。
陰性の食べ物→体を冷やし、体内を閏わせ、精神を落ち着かせる。
陽性の食べ物→体を暖め、体内に活力を与え、精神を高揚させる。
体の状態によって陰と陽の食べ物を食べ分けてバランスを保つという考えです。

陰性の食べ物→きゅうり、大根、ゴマ、小麦、アヒル
陽性の食べ物→生姜、ニンニク、大豆、米、羊肉
アヒルと牛肉のように、同じ分類の食べ物が陰性にも陽性にも入っていますので栄養学的な根拠は無いといえるでしょう。
現在の中国では西洋栄養学が正しいと認識されていますので、陰陽五行の栄養学は衰退しています。

漢方薬よりも西洋薬、中医按摩(ジョンイーアンモー)よりも西洋リハビリ、中華食材よりも西洋食材、甘い点心よりも西洋菓子。
医療から食事まで生活スタイルの多くのものが中国でも西洋化が進んでいます。
中国都市部では日本と変わらない生活を送れるのも西洋化のお陰でしょうね。
けど、小麦とバターの消費は日本の分が無くなるから中国でこれ以上増やさないで欲しいです。
nice!(0) 

ROLEX 24-7 [日記・雑感・ドライブ]

北京に来て半年が経過しました。
私は先日、短期間ですが日本に一時帰国し業務休暇中だったのですが、個人的な買出しで忙しい合間に普段使い用のセカンドロレックスを銀座で買いました。
ビッグカメラで買えばポイントが4万6千円分も還元されますが専門店ではないので品揃えが悪いからファーストロレックスを購入した銀座のお店で買いました。
半年も海外赴任をしていると自分への御褒美が欲しくなる訳ですが、自分の24歳の誕生日プレゼントも兼ねてデイトジャストのボーイズを買ったのですね。
聞いた話しでは中国では定価販売だそうで日本の方が中国よりも10万円ぐらい安いんです。

デイトジャスト ボーイズ 黒/バー 3連.jpg
んで、現行の黒文字盤に夜光塗料のバーインデックスの感想。
─ボーイズサイズ─
ケース径26ミリのレディースに対して、ボーイズは31ミリと一回り大きいです。
レディースでは時計が小さくて時刻確認がし辛かったのですがボーイズは5ミリ大きいだけに見やすい。
不景気だからこそ実用性が重視される昨今ですから、これからはボーイズの時代なのは間違いないと思います。

─オイスターブレス(3連)─
ジュビリーブレス(5連)のチャラチャラ感は合わせる洋服にも気を使います。
例えば、通勤着にスカートのスーツならジュビリーも合いますが、パンツになると時計が浮いてしまうのです。
これは私服でも同じでして、パンツよりもスカート、スカートは地味でも派手でもダメでエレガントでなければ時計が浮きます。
ところが、オイスターブレスなら躍動感のあるベルトデザインですから、パンツにもスカートにも事務制服にも合います。
ファミレスのウェイトレスがさり気なくロレックスを付けこなすにもオイスターブレスはロレックスの存在感を抑えてくれます。

─バーインデックス─
前モデルのバーインデックスは多面削りの銀色のバーの外側にちっちゃい点の夜光塗料が付いていたのですね。
現行のバーには銀色の多面削りの長方形の枠の中に夜光塗料がペッタリ塗られていて、前モデルよりも見た目にチープ感があります。
ところが、この太い夜光バーは暗い所では本領を発揮してくれまして、緑色の夜光が視認性を飛躍的に向上させてくれます。
最初の15分間は結構明るく光っていて、その後は少し暗い状態に落ち着きますが、真っ暗闇の室内で1時間は光っています。
寝ている時に夜中に目が覚め寝ぼけながら時計を見た時には消灯してから4時間経過していても薄っすらと光っていましたね。
夜光塗料とは蓄光とも言いますので、発光時間は光を溜め込んだ時間にも影響していると思われます。
現行の夜光バーには賛否両論があるようですが、私は正解だと思います。
因みに、黒文字盤の夜光塗料は長針短針とインデックスともに白色で、発光色は緑色です。

─オイスターブレスの真ん中─
現行モデルになってからのオイスターブレスは3連の真ん中の列は光沢のある鏡面仕上げになりました。
両サイドの列はつや消しの梨地肌のような色合いなので、光沢と無光沢の2色になっています。
見た目はキレイなのですが真ん中の列の光沢の部分が傷が付きやすいですし、指紋や油汚れも付着しやすいので気になります。
光沢部分の汚れに気付く度にティッシュで拭いているので何気に煩わしい。
時計のケース(本体の外側ケース)の鏡面度合いが増したのに合わせてなのか、ブレスも鏡面にしたのだと思います。。。。

─悩んだ挙句、予定通り─
デイトジャストといえば同じシリーズでも多彩な種類があります。
私は実用時計として夜光バーが欲しかったですし、黒の文字盤に夜光バーは視認性がとても良いのでネットで見た中では「買うなら黒文字盤の夜光バー!」と決めていました。
しかし、お店で実物を見ると流石ロレックス、どれも素敵ですね。
特に心が動いたのは白文字盤とピンク文字盤のバーね。
白文字盤はまるでジュエリーのような明るさでしたし、ピンク文字盤はやっぱカワイイですし意思の強さを感じさせるバーインデックスとの相性はワガママな雰囲気でした。
しかし、白文字盤は夜光バーが同色化してしまい明るい時の視認性が劣りましたし、ピンク文字盤のバーは想像通りワガママを絵に描いたようでした。
私、実を言うとシッカリ者のフリをしているだけで、ここだけの話し、母からも「ワガママ」の烙印を押されている程のワガママガールなんですぅ~^^・・・・
友人にも言われた事があるのでプライベートではどうやらワガママらしいのです。
私はそんな気は全くないのですけど。
だからなのかピンクは惹かれましたねー。
でも、いくら制服を着たら女子高生に見間違われるほど若く見られる私でも加齢が進めばいつまでもピンクの時計は付けられません。
そうなるとやはり黒か白になりますし、実用を考えたら視認性優先ですし、元来の私のキャラも黒ですからキャラは崩せません^^
という事で予定通り黒バーにしました。
意外と良かったのがグレー文字盤にローマンインデックスです。
グレーローマンは視認性は良くはないですが静かにロレックスをアピールするのに大人チックなデザインで素敵でした。


いやー、買ってよかったですー。
これで残り半年、北京で頑張れるというものです。
腕時計を持っていない人が多いですが着けた方が便利ですし、いいですよー。
ロレックス買ってお金なくなっちゃいましたけど、ロレいいよロレ。
これからは24 hours a day and 7 days a week 北京でいつもROLEXと一緒だお( ^ω^)
でも、日本は食べ物も空気も水もトイレもネットも最高の環境です。
日本にいる間、FOMA HIGH-SPEED A2502大活躍でした。
nice!(1) 

働く時計「ローレックス」 [日記・雑感・ドライブ]

腕時計にお金をかけない人でもロレックスとオメガ、そして我が国「日本」が誇るグランドセイコーは有名ですね。
数ある舶来高級腕時計の代表といえるスイスの腕時計メーカーロレックスを記事にしちゃいます。

私の好きなロレックスのシリーズはデイトジャスト。
デイトジャストはロレックスの中でも最もスタンダードなデザインで種類の多いシリーズです。
時計の名前にもなっている「デイトジャスト」とは、0時前後に日付が瞬時に切り替わる機能の名前でして、ロレックスのデイト付きモデルなら必ず搭載されています。
通常の自動巻き時計の日付変更に要する時間は約2時間前後、ゆっくりとデイト表示が進むのですが、このゆっくりと切り替わっていくデイト表示にストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。
デイトジャストなら「あれ?いつ切り替わったの?」と思うぐらいにパッと切り替わりますからストレスフリー。

デイトジャストには多くの種類があり、売れ筋のステンレスモデルでも文字盤とインデックスのタイプが色々ありますので選ぶ楽しみもユーザーに与えてくれます。
日本では2006年の夏にデイトジャストは現行モデルへと切り替わり、1つ前のモデルのブレスはペラペラとした薄い肉厚でしたので安っぽさが拭えない面があったのですが、その不評だったブレスの安っぽさ感が改善され質感が増したと好評を得ています。
また、1つ前の薄っぺらなブレスもロレックスですから、ブレスにガタが生じたり、バックルが外れる等のショボイ現象は起こりません。

私も絶賛するデイトジャストですが、女性にオススメしたいサイズはレディースサイズではなくボーイズサイズ。
レディースサイズはリューズを除いた直径は26ミリなので時計が小さい為に時刻確認がしずらいのですが、ボーイズサイズなら直径は31ミリなので時計部分が大きくなり時刻の確認もし易くなります。
Ref79174のレディースのピンク文字盤/とびアラビアインデックス/5連ジュビリーブレスもファッション性が高いモデルなので、同じRef79174のレディースのピンク文字盤/ローマンインデックス/5連ジュビリーブレスと同様に時間は見難いです。
ボーイズはいいと思いますね。

ブレスは5連のジュビリーよりも3連のオイスターの方が場所や服を選ばないデザインですし、躍動的なイメージもあるので私は好きです。
ボーイズサイズのステンレスモデル、3連ブレスの中から私が興味を持った物を選らんでみました。

ボーイズ/黒/バー/3連
デイトジャスト ボーイズ 黒/バー 3連.jpg
私が今、一番欲しいモデルがこれです。
精悍な黒文字盤に夜光塗料の四角いバーのインデックスは視認性の高さに期待できます。
まさしく質実剛健の風格さえも感じてしまうこの時計は”出来る女”をアピールするのに相応しいと思います。

んー、でもちょっと知的な雰囲気も欲しいかなぁーと思った人には、
ボーイズ/黒/ローマン/3連
デイトジャスト ボーイズ 黒/ローマン 3連.jpg
ローマン数字で彩られた文字盤によって知的な風格を得る事ができますので、”インテリな女”をアピールも可能。
私は視力が良いので関係ないのですが、メガネをかけた女性がメガネを直す仕草との相乗効果は計り知れないと思います。
個人的にそんなイメージ。
けど、夜光塗料が一切ないので視認性は劣ります。

黒文字盤にローマンはちょっと堅いイメージなんじゃない?と控えめな自己主張をお持ちの方には、
ボーイズ/白/ローマン/3連
デイトジャスト ボーイズ 白/ローマン 3連.jpg
白文字盤の明るさと、知的な雰囲気をかもし出すローマン数字のコンビネーションはズバリ”エレガントな女”を抱かせます。
ビジネススーツにも、事務制服にも、そして私服にも、スカート系の衣類に華やかな色合いを添えてくれる時計になる事でしょう。
明るさの中に高貴な雰囲気を隠し持つ、油断の出来ないちょっと高めの女になっちゃいましょう。

(^ェ^)えぇ~っ、私カワイイ系なんでー、もっと明るいのないんですかぁ~^^
そんな、乙女チックから抜け出せない20代にこそ付けて貰いたいのは、
ボーイズ/ピンク/バー/3連
デイトジャスト ボーイズ ピンク/バー 3連.jpg
ピンクの可愛らしさとバーインデックスの直線のコラボレーションは、”可愛さの中に自我あり”です。
KAWAIIを気取りながら実は内に秘める自己主張はその名も”わがままな女”。
このわがままさが女の子らしさをアピールする訳です。
例えるのならネコのような無邪気で天真爛漫な性格、嫌われようの無い、憎めないヤツですね。

以上4本のデザインは素敵だなーと思いますが、やはり私には黒文字盤/バーが相応しいと思います。

もう1本。
さり気無いオリジナリティーで他人との違いを主張したい、そんな方には
ボーイズ/グレー/ローマン/3連
デイトジャスト ボーイズ グレー/ローマン 3連.jpg
白でもないし黒でもない、ぱっと見はシルバーだけどよく見たらグレーじゃん、白にも黒にも染まるのもイヤだけど中間にシルバーでいるのはちょっと・・・・
そんな優柔不断な子にはシルバーで決めるのではなく、なんとも言い難い色合いのグレーで自己主張をして欲しい。
白と黒の真ん中に存在し、でも誰も真似る事の出来ない存在、それもまたライン上に自分を置きたくない”孤高の女”をキレイに見せるチョイスではないでしょうか。
渋い存在感、けっこういいかも。

因みに、メンズ/黒文字盤/3連の画像を見てください。
メンズ/黒/バー/3連
デイトジャスト メンズ 黒/バー 3連.jpg
夜光塗料のバーに黒無地の文字盤です。

メンズ/黒/ローマン/3連
デイトジャスト メンズ 黒/ローマン 3連.jpg
夜光無しのローマン数字に黒無地の文字盤です。
ローマン数字と針にも夜光塗料を付けた方が便利かと。。。。

メンズ/黒/アラビア/3連
デイトジャスト メンズ 黒/アラビア 3連.jpg
アラビア数字に黒色渦巻き模様の文字盤です。
数字には夜光塗料はついていないそうです。
文字盤に模様が描かれている物は他にもありますが、模様柄は好みが二分するでしょう。
私は文字盤は無地しか好きではありません。

注視して貰いたいのが、デイト表示。
バーとアラビアには赤色の日付が見えますが、ローマンには黒字の日付が見えますね。
見えないでしょうが、バーとローマンとアラビアの画像の日付には「21日」が表示されています。
実は、バーとアラビアの日付には奇数が赤色、偶数が黒色の赤黒赤黒が交互表示されるようになっているのです。
昔のロレックのデイトではこのように赤黒の交互が採用されていたそうで、それが現行メンズモデルでバーとアラビアで復活したそうなんです。
けど、ローマンのデイトは黒だけなんですって。
ロレックスから発表されていないので何故だかは分かりませんが、恐らくエレガントな雰囲気が赤色デイトが邪魔してしまうからではないか?と思っています。
ただ、このまま赤/黒と黒を分け続けるとは思えませんので、赤/黒の評判が良ければローマンにも採用するのではないでしょうかねー。
レディースとボーイズもそのうち赤/黒デイトになるかもしれませんねー。
私は赤/黒表示でも黒でもどちらでもイケテルと思うので、どっちでもいいです。
デイトの色よりも、私としてはローマンに夜光塗料を付けて欲しいですし、せっかくのアラビアインデックスも模様柄の文字盤のせいでカッコ悪くなっていると思います。
それと、ステンレスのレディース・ボーイズモデルはメンズステンレスと共通したデザインを揃えて欲しいと思います。

中国語でロレックスは労力士と書いて、ローリーシーと読みます。
舶来物に付けられる中国語の漢字は当て字なのですが、「労力士」とはロレックスという労働者の時計として相応しい名づけ方だと感心しました。
バリバリに仕事をこなしている人、仕事頑張っているけど成果の出せない人、共通しているのは仕事熱心だという事です。
そういう人達にこそ労働者の時計「ロレックス」はサイコーに似合うのです。
でも、ローンを組んで買うようなものではありませんので、そのへんは気をつけましょう。
現生一括かカード1回払いでポンッと買うのがロレの買い方^^
これが”通”であります。

よぉーし^^おねーちゃん頑張ってロレックス2本目買っちゃうぞー^^


2016年8月21日、追記。
意外と定期的に閲覧上位に毎回上がっているので8年後の私の腕時計について書いておきます。
ロレックスを推しておいて申し訳ありませんが、私の金属アレルギーが酷くなってしまい、現在はロレックスもオメガも所有していません。
色々とアレルギーのある体質なもので、まさかステンレスまで出るとは。
夏になるとバックルの当たる部分の手首には赤いブツブツの蕁麻疹、ベルトの形に赤く線の付いた蕁麻疹と見るに堪えない状態になりました。
現在は、チタン製の耐メタルアレルギーの腕時計をしています。
シチズン エクシードのチタン製、エコドライブの電波時計、EC1070-55Aレディースというモデルです。
不満点は100メートル防水ではない点と(50メートル防水)、夜光塗料が無い点です。
蕁麻疹は出ません。
シチズンのチタン加工技術は世界でNo1です。
さようならデイトジャスト。
nice!(1) 

北京で茶を飲み月餅を [日記・雑感・ドライブ]

─小鳥─
小鳥を可愛がる人が多いと言われている中国。
中国の老人のイメージといえば、鳥篭に入った小鳥と一緒に散歩をする光景でしょうか。
上海や香港には1990年まで鳥を持ち込めるお茶屋さんがありました。
お客さん達はペットの小鳥を籠に入れて集い、鳥篭から出した小鳥達を眺めながら飲茶をしながら親睦を図っていたそうです。
小鳥達はお店の中で遊んだり、恋愛をしたり、ケンカをしたりしていたそうで、小鳥達にとってもきっと楽しみな場所だったに違いありません。
昔の中国では政権が変わるとその政権の上層部にいた人達は追放されていましたので、官職も財産も家族も失った老人は自分の屋敷(四合院等の中国の伝統的な住居)から追い出され、ペットの小鳥を入れた鳥篭だけを持って流浪したそうです。
鳥篭の中の小鳥に「お前と2人きりになってしまったな・・・・」と老人は語りかけるのだとか。
その老人も歳を取って死ぬ間際には鳥篭の蓋を開けて小鳥が飛び立てるようにするのですが、主人の死期を察した小鳥はいつまでも鳥篭から離れずに「チュンチュン」と鳴いていたそうです。

─中国茶─
お茶屋さんでは、どのお茶を飲んでいるかによってお客さんのだいたいの出身地が分かりました。
緑茶なら瀋陽・北京・大連などの中国北部。
ジャスミン茶なら上海・北京。
烏龍茶なら福建。
プーアル茶なら広東より南。
茶葉が固まっている餅茶ならモンゴル・チベット。
紅茶なら四川より中央アジアにかけての地域。
などなど。
小鳥達のさえづる声を聞きながらお茶を飲んで点心をつまむ。
そんな時代の名残なのか、中国の湯呑み茶碗の絵柄には鳥と花が描かれている物も多いです。
また、日本の「鳥語花香(ちょうごかこう)」という言葉は、中国にも同じ漢字で存在しており、中国語での読み方は「niaoyu huaxiang」。
鳥が語らい春の花は咲き香る、という意味です。

─月餅─
お茶受けには点心の他に月餅も合います。
中国の月餅は農暦の8月15日の十五夜に家族団らんを願って食べられます。
中国国内で主に売られる時期は8月~10月に掛けてですが、空港や甘味屋のあるホテルでもお土産用として売られています。
北京で売られている月餅は甘い月餅。
干菓子やドライケーキの様な作りのお菓子の月餅で、自由水が少ない事から腐りにくく海外旅行客のお土産にも最適です。
北京月餅は甘い物が好きな人は喜んで食べますが、甘い物をあまり食べない中国人でも北京月餅は好みが分かれます。
月餅の季節になると洋菓子店でも売られ、餡以外にもチョコレートやホワイトチョコ、クリーム、ホイップを用いた西洋風の甘い月餅がここ最近は人気なのだそうです。
北京以外では地域ごとに特色のある月餅があります。
上海─北京月餅と同じく甘い月餅。
蘇州月餅─木の実・胡麻・餡を用いていて甘いが、北京のドライクッキータイプと違い饅頭に近い。
広東月餅─薄皮で木の実・肉・乾物を用いた惣菜月餅で、具が沢山入っているのに型崩れし難い。
潮州月餅─加工肉や燻製肉を用いたミート月餅で、円形・四角・六角・八角・長方形など様々な形がある。
北京と上海にはアイスクリームで作られた月餅もあるそうですよ。
寒い国でもアイスクリームは人気があって、私はサツマイモのアイスクリームまで見かけました。
モスクワに滞在経験のある職員の話しでは厳冬の中、アイスクリームを食べながら外を歩いているモスクワっ子もいるそうです。
ロシアのマイナス30度の世界ではドアノブ等の金属を素手で触れると皮膚がくっついて剥がれなくなるそうですから、ケブラー繊維や本皮の手袋は必需品です。
そこまで寒いのに外でアイスクリームを食べるって、ロシア人は何考えてるんでしょうね(^^

─常娥奔月─
読み:チャン・イー・ベン・ユー(chang e ben yue)
常娥とは女性の名前で、名の意味は「常に美しい女」です。奔月とは月へ行った、の意味です。
遥か昔、太陽が一度に10個も現れた時があり、地上は熱波に襲われ人々が困り果てていた処、弓が上手なホウイという男性が矢で不要な9個の太陽を射落させました。
気候が元に戻りホウイに感謝した人々は彼を小国の王に祭り上げたのですが、弓以外に才能の無かったホウイは酒に溺れ、人を殺して楽しむようになり、やがて人々から命を狙われるようになりました。
ホウイが殺されるのを恐れた妻のチャンイーは不死の薬を天界から貰ってきました。
しかし、不死の薬がある事を知った家来達は薬を盗もうと狙いはじめ、そうはさせるかと隠してあった不死の薬をチャンイーは全部飲んでしまったのです。
彼女が可愛がっていたペットのウサギもチャンイーと一緒に不死の薬を飲みました。
チャンイーとウサギは薬を飲んだ途端に体が宙に浮いて、月へ飛んでいってしまったのです。
以来、月にはチャンイーとウサギが暮らすようになりました。
ホウイはチャンイーをしのんで満月の日に食べ物を供え、月餅を食べたのでした。
これが月餅の所以です。

北京オリンピックよりも四川地震が話題に出る事が多い北京市民。
最近では尖閣諸島を巡る日本台湾間の情勢悪化(台湾は独立国家ですが、中国人にとっても台湾人にとっても心情はワンチャイナです。)も話題に出るようになりました。
色々な事が重なると政情不安に陥り大きな事件に発展する事があります。
小鳥と花が描かれた湯呑み茶碗で飲茶をしながら月餅を頂く、日本の主権とアジアの安定を願うばかりです。

nice!(0) 

北京の秀水街 [日記・雑感・ドライブ]

中国人でたまに見かけるのが小指の爪だけ伸ばしている人です。
なぜ伸ばしているのか疑問だったんですけど、ついにその理由が判明しました。
鼻クソをほじる為だそうです。。。。
鼻クソを取る為のちょっとしたヘラだとか。。。。
正直、ショックです(><
日本人にも小指の爪だけを伸ばしている男性が稀にいますけど、きっとバイキンだらけですよ。
汚い話しから始まってしまいましたが、どうしても広めたくて書きました。
気分を変えて北京で有名なお土産屋の話しをしたいと思います。

北京で有名なお土産屋(?)といえば秀水街(日本語で「シュウスイガイ」、中国語で「シゥシュイジェ」)です。
秀水街とは7階建ての赤いビルに服飾、小物、アクセサリーを扱う小売店が集まったショッピングセンターです。
秀水街は高層ホテルが立ち並ぶ北京の中心地といわれる国貿(グオマオ)に位置している事から、観光客が多く集まる観光のメッカです。
食事、買い物、お土産、各国大使館、北京の発展を象徴するかのようなビル群、ショッピングも趣味の一つな私としては国貿は、北京の銀座「王府井(ワンフージン)」、北京のリトル東京「燕莎(イエンシャー)」等とトップグループに入る北京の観光地だと思います。
でも実は、ここまで国貿を勧めておきながら私は秀水街で買い物をした事がありません。
情報誌によると、秀水街では値引き交渉をしないと商品対価に合わない金額で買わされるそうですから、中国語の話せない私は購買意欲が失せるのです。
ショッピングをして食事をする、日本でも中国でも変わらない私の趣味の一つですが(唯一の違いはマイカーかタクシーかの違いだけ)、中国では値段が胡散臭くて余程でないと買いません(^^
私の場合は赴任している期間中ならいつでも買いに行けますし、他にも北京都市部で行きたい所もありますから、特に秀水街を勧める理由も見当たりません。
でも、観光で来た人なら秀水街に行けば良いお土産が買えると思いますし、私も赴任中には一度は行かないといけないかなーと思っています。
意外と避けては通れない観光名所なのが秀水街なのです。

そんな秀水街で、先日、日本人がトラブルに遭ったという報告が在中国日本国大使館のウェブサイトに掲載されました。
─北京「秀水街」でのご注意─
今般、中国日本商会より当館に対し、在留邦人の方からのご連絡として、北京の「秀水街」で起きた不快な出来事につき以下のようなご報告がありました。
「秀水街」は日頃から強引なことで評判が悪いところですのでご注意願います。
また、単に冷やかしで店に入ったりしない、もめ事になったら急いで現場から離れる等、自己防衛をしてください。

日本人二人(旅行者と留学生)が秀水街の地下一階革製品売り場を歩いていると、ある売り場に引き入れられ、女性店員からいろいろ製品を見せられた。
女性店員が腕をつかんで放さず、「いくらだったら買うのか」としつこく迫った。
あまりにしつこいので、留学生が中国語で、「食事の時間だし、お金もないので、そろそろ出て行かせてほしい。」と何回か言った。

女性店員は二人が中国語がわかると思い、「日本人が中国を攻撃している。」とわめきだした。
そのうち他の店の店員も、「誰が中国を攻撃しているって?」と言いながら集まってきた。
かなり剣呑な雰囲気になってきたところで、別の店の男性店員が、急に、「おまえは南京の事件を知っているのか。」「私は南京人だ。」「親戚が日本人に殺された。」などと言い出し収拾がつかなくなった。
二人は無理矢理にその場を逃れるという感じで外に出ることができ、そのまま秀水街の外へ出て行った。
(08.06.11 http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho080611_j.htm

なぜ、ここまでのトラブルに発展したのか理由は分かりませんが以下のような事が考えられます。
・購入してくれると見込んだ日本人2人が商品を見て説明も聞いた挙句、買わないで出て行こうとしたので中国人特有の逆上が起きた。
・留学生が短期留学レベルの中国語だけを覚え、トラブルの対応を知らなかった。
・留学生が慣れた北京で自分が外国人だという認識が薄れていた。
・中国人の商店で長居した場合は、値切って投げつけ売りされてでも最後には商品を購入する事が暗黙のルールの面がある事を知らなかった。
・中国人はトラブルの際には中国人同士が結託して仲間を守る”仲間意識”が強いので、中国人とトラブルと対処が大変。
(地方から都市部へ来ている中国人は出身州ごとにも仲間意識があるので、○○州グループとか州単位でグループ化する。)
・半端な中国語で丸く収めようとせずに二度と店に行かなければ良いだけですから、空気の異変を早くに察して店から出るべきだった。
・買うか買わないかハッキリさせていれば店員の話しに耳を傾ける必要もありません。
こんな処でしょうか。
私は今までお店でトラブルに巻き込まれた事は一度もありません。
参考にもならないでしょうけど個人的な対策として私が気をつけている事は、
・買うか買わないかによって店に立ち寄るか決めているので、立ち寄って店員に色々話しを聞いたら何かしら買います。
(こちらが興味を示すと店員から値引きしてくれます。)
・中国語は電子辞書と筆談を交えた会話しか出来ませんし簡単な単語しか知りませんから、店員からすれば言葉の通じない客にある程度以上を話しかけても仕方がない、と思われています。(たぶん)
(言葉が私に通じなくて店員が溜め息をつく時がたまにあるのですが、そんな時でも(^ω^)こんな顔をしていればGood Priceを提示してきます。
ホテルの近くの日本人公寓の売店にタバコを買いに行くのですが、相変わらず言葉の分からない変な日本人と思われていますから。)
・「ウオ、シー、リーベン。ジョンゴアファー・イングリッシュ、ブーミンバイ(><」日本語しか話せない・分からないようにしていれば、相手からすれば難癖もつけにくいです。
(「ウオ、シー、リーベン。」を先に言うのは、韓国人と間違われないようにする為で、韓国人はチョンガ(臭い)と言われ中国人からバカにされているからです。
日本は反日感情=潜在的に怖い国という印象が中国人にはありますのでバカにはしてきませんが、反感はあります。
「ウオ、シー、リーベン。」不完全な文法を用いれば「中国語の分からない日本人」の信憑性が増します。)
・欲しくなければ店に入らない、欲しくない物は「不要(ブヨウ)、不好(ブーハオ)」と言いハッキリと示す。
・人というのは顔で相手を判断しますから、口半開きとか、ヘラヘラしているとかその時点で日本でもアウトです。
生兵法はケガの元といわれるように、半端な言葉よりも先ずは危機管理の情報収集→回避→防衛です。
これ外国人の心得でしょ。

いや~、中国語ってホント難しいですね。
ザイジェン^^ザイジェン^^
nice!(0) 
前の10件 | - 日記・雑感・ドライブ ブログトップ