So-net無料ブログ作成
検索選択

安くない軽自動車は軽じゃない [時事・ニュース]

転勤先のいわきでは地元社員は家と車と冠婚葬祭にはお金をかけています。
田舎ならではですね。
姉の結婚式の御祝儀では最初は5万円にしようと思っていたのですが、地元社員から「10万の間違えだろ!?」と言われ、渋々10万円にしました。
車を買い替える時には最初はハイブリッドの中古車にしようとしていたのですが、地元社員から「新車はいいぞー」と言われて新車に。
新車といっても5年の残価設定なので、5年間のレンタカーみたいなものですから、年間走行2万5千キロもの距離を気にせず乗り回せます。
5年で12万5千キロも走った車を所有したいとは思いませんから、残価設定ローンは走行距離の多い人にはうってつけ。
もちろん、車は5年おきに買い替えるというお金持ちにもお得だし、初めてのハイブリッドやクリーンディーゼルという人にも失敗を恐れずに購入できます。
5年後には手放すのですから、車に余計なカスタムや過剰なメンテナンスをする気力も起きない。
いわき市民の家族は車を2台所有している人が大半。
車がないと通勤も買い物も出かけられないから。
1台は普通車で、もう一台は軽自動車。
2台とも普通車の家も多い。
軽自動車2台というのは地元社員にはいません。
冬になれば2台ともスタッドレスに替えるので東北は車にお金が一番掛かります。

軽自動車で人気なのがホンダのN-BOX。
N-BOXは他の軽自動車よりもワンランク上の価格帯ですが、今度発売される新型のN-BOXは4WDグレードが200万円超えなのだとか。
価格の上昇理由は、自動ブレーキと、VTECエンジンを搭載して燃費を良くした為だとか。
自動ブレーキは欲しい装備ですが、VTECエンジンはエンジンの出力向上の為に作られたエンジンであって燃費が良くなるものなのだろうか。
マイルドハイブリッドを搭載した方がよほど燃費が良いと思う。
軽自動車の最大のメリットは車両価格の安さと、維持費の安さと、自動車税の安さ。
デザインが悪ければ新型N-BOXはこけますね。
もう少し出して普通車を買ったほうがいい。

先日のブログ記事でセカンドカーを持つなら悪天候と事故に強そうなマツダのCX-8と書きました。
ですが、CX-8を買うのなら私ならエスティマハイブリッドか、ハイエースのワイドボディの2700ccのガソリンエンジンですね。
エスティマハイブリッドだと総額で5百3十万円、ハイエースだと4百6十万円。
6人乗りのCX-8(7人乗りもあるが6人乗りが快適シートらしい)はミニバンの代わりにはならない。
ハイエースのワイドボディの2700ccガソリン、4WD、リアLSD、5ドア、両側パワースライドドア、LEDヘッドライト、スマートキー、100Vコンセント、15インチアルミホイール、タイヤはレグノ。
いいでしょ。
車を購入する時にタイミングベルトかタイミングチェーンかを知ることは需要です。
30万キロで交換のタイミングチェーンの方が10万キロで交換のタイミングベルとよりも圧倒的に耐久性がありますし、タイミングチェーンはエンジンオイルを交換していればそれだけでメンテナンスになります。
ハイエースの場合、ガソリンエンジンはタイミングチェーンで、ディーゼルエンジンはタイミングベルト。
トヨタがディーゼルエンジンを新開発していないから旧式のディーゼルを積んだままなのが理由。
マツダのクリーンディーゼルはタイミングチェーンです。
マツダとの資本提携でマツダのクリーンディーゼル搭載の次期ハイエースの300系で登場するかもしれませんけど。
もしそれが実現したら、ハイエースがマツダでも車名を変えて発売されるかもしれませんね。
現行のハイエースを買うなら今はガソリンエンジンがいいと思います。

共通テーマ:ニュース