So-net無料ブログ作成
検索選択

スポーツの指導者は心肺蘇生と119番通報ぐらいできるようになっておけ [時事・ニュース]

─迷ったらすぐ心臓マッサージやAED 「死戦期呼吸」とは?─
新潟県の高校で7月、野球部マネージャーの女子高生(16)が練習終了後に走って学校に帰った直後に倒れ、低酸素脳症で亡くなったと報じられた。
駆けつけた指導者は「呼吸は弱いけどある」と判断し、AED(自動体外式除細動器)は使わなかったという。

これについて、SNS上では「突然、心停止になった時に起きる『死戦期呼吸』を見逃したのではないか」という推測が広がった。
この女子高生が実際に「死戦期呼吸」をしていたのかどうかは定かではないが、この聞き慣れない名前の呼吸、突然倒れた人が発している危険なサインの一つだ。

「通常、3秒でめまいがし、5秒で意識を失って倒れます。その後10秒ぐらいで呼吸が止まるのですが、しゃっくりのようにゆっくり喘ぐ、不規則で異常な呼吸をしばらく続けることがあります。これがいわゆる『死戦期呼吸』です」

「意識が戻らなかったら、まず、周囲に頼んで119番通報をかけましょう。あとは救急車が来るまで電話を切らずに、消防の指示に従って動いてください。死戦期呼吸は見分けにくいですから、規則正しい呼吸をしていないと思ったら、すぐに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めます。同時に、誰かにAEDを持ってきてもらうよう応援をお願いしましょう」
「心停止をしていない人に心臓マッサージやAEDを行なっても大きな問題は起こりませんので、迷ったらとにかくすぐに開始してください。電気ショックが1分遅れるごとに救命率が7~10%低下します」

「屋外で倒れた場合は、救急車が正確な位置情報をつかむのが難しいので、スマートフォンのGPS機能をオンにして119番通報してください。また、自分一人しか居合わせない場合は、スピーカーフォンに切り替えて、司令室とやりとりしながら、応急処置をとってほしいのです」

「人工呼吸はよほど自信がない限りやらない方がいいです。訓練を受けていない人が心臓マッサージと両方行おうとすると、両方ともおろそかになる可能性があります」

今回、新潟で起きたような事故は過去に他でも起きている。2011年9月に、さいたま市で小学6年生の桐田明日香さんが駅伝の練習中に突然倒れた死亡事故。
現場に居合わせた教員らは「脈がある」「呼吸がある」と捉えて、心肺蘇生やAEDによる救命行動を取らなかったことが問題になった。
さいたま市教育委員会では、専門家の協力でこの事故を検証し、再発予防のために2012年9月、「体育活動時等における事故対応テキスト」、通称「ASUKAモデル」を作成した。教職員が事故発生時の対応を普段から訓練し、救命講習を定期的に受ける仕組みだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00010000-bfj-soci

「意識が戻らない→119番通報→心臓マッサージ→AEDの使用準備→AEDが機械診断して除細動が必要ならショックボタンを押すようアナウンスされる→心臓マッサージ」
訓練を積んでいる人なら人工呼吸を交えながら心臓マッサージをしますが、人工呼吸はやり方を訓練していないと酸素を送る事が難しい(鼻をつまんでいない、顎を上げていない、息の量が足りていない)ので、心臓マッサージだけを行うのが最新のやり方。

最近、多いと思うのは指導者が心肺蘇生やAEDの使用方法、119番通報の躊躇、をして生徒や児童が死亡するケース。
スポーツの指導だけをするのが指導者や顧問や監督ではなく、安全を確保するのが本来の役目。
そういう教育や指導を受けてこなかった指導者が生徒を預かった場合に事故が起きます。
内心には「おおごとにしたくない」という意識があるから、「大丈夫だろう」という安易な判断、または分かりもしないのにいい加減な判断をして、その結果、重大事故に至るのです。
指導者だけでなく生徒も含めて競技の練習だけでなく、心肺蘇生についても学習するべきです。

私が小学校3年生から大学4年まで習っていたフルコンタクト空手の道場では、部活動とは違う教え方をしていました。
部活動では試合の成績は学校や部だけでなく本人の実績にもなるのでケガを覚悟で勝てと教えます。
しかし、私の通っていた道場では「ケガをするぐらいなら負けてこい」と言っていました。
ケガを負う→月謝を貰っているのにケガを負わせた→道場が謝罪→スポーツ保険の申請と手間がかかるから。
ケガならまだいいです。
死亡事故や障害者になってしまったら本部を巻き込んでのおおごとです。
試合や昇段試験でケガを負うぐらいなら、ケガをせずに笑って帰宅したほうがどれだけ勝ちなのか。
私もそう教えられてきました。
負けたって勉強にも、通学にも、日常生活にも、何も影響しない。
ケガをするぐらいなら負けて笑いながら帰宅した方が最後は勝ちなのです。
「避けるが勝ち、逃げるが勝ち、ケガをした方が負け」

それが練習で死亡事故なんていったら、どんな指導をしているのか疑問を呈します。
新潟の野球部の場合は、選手ではなく女子マネージャーに真夏に3キロのジョギングをさせて死亡させている。
当時、具合の悪くなった選手がいてその選手を車に乗せて学校へ戻った事によって、女子マネージャーは車に乗ることができず、顧問から「マネージャーは自分のペースで走って戻るように」と指示されたそうです。
自分のペースで走るといっても普段から走っていなければ、夏に3キロも走れば危険を伴うのはスポーツをやっている者なら想像できる事。
そういう想像力も働かずに「歩いて戻れ」と言わずに「自分のペースで走れ」と言うのは指導者として不適格な指導。
倒れた時には「浅く呼吸をしていた」と言っているようだが、浅い呼吸をどうやって見極めたのだろうか?
心肺蘇生で難しいのは呼吸の確認。
呼吸をしているかどうかを判断するにはティッシュペーパーを顔に乗せなければ素人では判別が困難。
それを浅い呼吸をしていると判断した要因はなんなのだろうか?
上級救命も持っていた(転勤中に失効した)私から言わせれば、「浅い呼吸」と証言しているこの顧問は言っている事がおかしい。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース