So-net無料ブログ作成

車を買う時は目的を明確に車種を選ばないと後々失敗します [時事・ニュース]

6年ぶりに全面改良した今回の新型は、「TNGA」(トヨタ・グローバル・アーキテクチャー)と呼ばれるトヨタの新しい設計・開発手法を採用。
その結果、ハイブリッド車(HV/日本はHVのみ)の燃費は、ガソリン1リットルあたり最高25.4kmから33.4kmと大幅に向上させた。

デザインも近年のトヨタ車に共通するシャープなフロントマスクに変わり、若者層など新規ユーザーの獲得にも意欲を見せる。
だが、車室以外に独立したトランクルームを持つ、いわゆるセダン系のクルマがとにかく売れない時代なのは確か。

「1990年代はミニバン、2000年以降はコンパクトカーや軽自動車、近年はSUVと入れ替わりで訪れるブームに押され、昔ながらのセダンはどんどん車種を減らしながら衰退していった」(自動車専門紙記者)
だが、前述のように米国をはじめ、中国やインドなど新興国市場でもセダン人気はまだ衰えていない。
グローバル戦略を重視する日本の自動車メーカーにとって、「世界展開を続けるうえで自国でもセダンの失地回復を図りたい」(メーカー幹部)と考えるのは当然の成り行きなのかもしれない。

「単純にクルマのデザインや内装がかっこいいからという理由で売れる時代ではありません。
乗っているだけで人が振り向くようなタイプではないセダンはなおさらです。
そのクルマに乗ると何ができて、どんなカーライフが送れるのかといったユーザーへの具体的な提案が必要なのです。
やはりセダンの購入動機や実用性がユーザーに伝わらなかったからだと思います」

ライバルメーカーでも、今秋にはホンダの6年ぶりとなるシビック登場に続き、マツダアテンザ、日産スカイライン、ホンダアコードなどのセダンもモデルチェンジやモデル追加が噂されている。
もちろんメルセデス・ベンツやBMWほか高級セダンのラインアップも拡充される。
https://www.news-postseven.com/archives/20170716_590569.html

新型カムリはカッコいいと思いますが、売れないと思っています。
売れない理由は、横幅が1825もあるから。
・機械式駐車場に入庫できない。
・平置きのコインパーキングでも切り返しが厳しく駐車できたとしても車室ギリギリで乗り降りに苦労する。
・日本の一般道では横幅が大きすぎる。
セダンの割りに大きすぎるのが原因です。
高級車ではない大衆車なのに横幅が1800を超える大きすぎるセダンは他にもあります。
例を挙げれば、ティアナ、フーガ、アテンザなど。

横幅が1800を超えても売れる車は、最初から大きいサイズである事が前提になっているタイプです。
ミニバン、SUVなどは駐車場が限定されるのを覚悟して購入するものですから1800を少し超えても売れる車は売れるのです。

私が思うセダンの魅力とは、
・適度な大きさのボディサイズで駐車場の制限が低く、取り回しが楽で、見切りが良い。
・日常の足~長距離まで3ボックス構造で快適。
・気軽に乗れる。
・トランクがあるので車上荒らしに遭いにくい(ハッチバッグはガラスを割られる)。
・低重心なので横転しにくい。
・乗員2人までならシートを倒して車中泊も可能。
・家族で乗ったら狭いが、乗員1名~2名までなら程よい広さで、程よい狭さ。
・ミニバンやSUVのように無駄に車が広くて重くないので燃費が良い。
・静粛性が高い。
・バックカメラは必要だが、バックのしやすさはステーションワゴンの次にしやすい。

外から見えないトランクがあるのは社有車や車通勤をする人にとっては重要だと思います。
車通勤に使用するなら、クリーンディーゼルかハイブリッドで燃費が良い普通車。
軽自動車は安くていいのですが、事故の際の身体へのダメージの受け方を思慮すると怖いと思う。
車体が潰れて挟まれた状態でガソリンに引火して焼死とかありえます。
もしくは、挟まった姿が原型をとどめないほどグチャグチャで、瀕死で辛うじて息をしているが「ひゅー・・・ひゅー・・・」と言っているだけとか。
そう考えると、走行性能、安全装備、車体強度、は重要ですよ。
軽自動車は高速道路禁止にするべきです。
非力なうえに危ない。

震災時に役に立つ自動車は、
・燃費の良い車。
・ミニバンで車中泊も容易。
・オプションで1500Wのコンセントがあるハイブリッド車。
燃費の良い車であるのは絶対です。

いわきで多い車は、
プリウス、アクア、フィットハイブリッド、トヨタとホンダのハイブリッド、ハイブリッドのミニバン、普通のミニバン、セカンドカーとして軽自動車。
最近はマツダのクリーンディーゼルに乗っている人も増えている。
燃費と車中泊を想定した車選びとなっています。
カムリハイブリッドを買うのなら、THS2ハイブリッドシステムの現行の50系プリウスを買ったほうがいいし、約100万円も安いです。
新型カムリは売れないな。

因みに、50プリウスの駆動用電池はニッケル水素とリチウムの2種類があってグレードによってどちらかが搭載されます。
4WDにはニッケル水素が搭載されていて、雪国では気温が低いので低温下でも性能が安定しているのです。
リチウム電池は高性能なのですが環境の影響を受けやすく、低温にも高温にも弱く、熱を持つので気候の安定した場所でしか効果を発揮できません。
ニッケル水素は低機能、リチウムは高機能、という図式は一昔前の考え方です。
ニッケル水素の得意、リチウムの得意を使い分けるのが最新の二次電池の利用方法となっています。

新型カムリの電池はニッケル水素。
アクセラハイブリッドはTHS2を搭載していますが電池はニッケル水素です。
ニッケル水素の方が気温に強いので全然OKです。
アクセラハイブリッドの後部座席のドアの近くに通風孔のようなガラリがあるのですが、それはトランクに設置しているバッテリーへ風を送る為のものです。
塞いではいけないと説明書に記載されています。
納車前なのですが少しずつアクセラハイブリッドの電子説明書をPDFで読んでいます。
車の説明書をkんなに一生懸命に読むのは初めてです。
会社の30系プリウスの説明書は読んだことが無いのに不思議です。
説明書を読むとハイブリッドならではの新たな知識が増えて面白いです。
nice!(0) 

連休中は変なのが運転している率が高い件 [時事・ニュース]

世間は3連休中ですが私も珍しく暦通りの3連休中です。
日曜日の昨日は昼から自宅へ向けて常磐道を走りました。
いわき→川口→赤羽→カーディーラー→いわき、を12時間でこなしました。
3連休という事もあって日頃交通量の少ない常磐道ですら混雑気味。
昼間に走行した上りでも、夜に走行した下りでも、連休名物のおかしな運転をしている車が散見されました。
・ウインカーを出さずに3車線を右から左へ移動、
・減速と加速を何度も繰り返す、
・縫うように走る、
・追い越し車線を法定速度100キロでVIPに走行、
・大型車の真後ろにガン付けして空気抵抗を減らしての燃費走行、
・ナンバー灯が2灯とも球切れ、
ナンバー灯が2灯とも球切れのままで夜間走行をしている時点でおかしい。
整備不良で違反切符は切られるし、職質もされるし、そんな事も分からないのかと疑問。
しかも、ナンバー灯切れのまま走行しているのが2台もいた。

横浜市の保土ヶ谷バイパス下り線では、10歳の息子とバイクに乗っていた49歳が落とし物を拾うためにバイクを止め、道路を横断しようとしたところ、後ろから来た乗用車にはねられて死亡するという事故が起きたとか。
─高速道で落とし物拾おうと…男性ひかれ死亡─
http://www.news24.jp/articles/2017/07/16/07367157.html
10歳の子供をバイクの後ろに乗せて高速道路を走っている時点で子供の安全を第一に考えているとは到底思えないし、落し物を拾うのに高速道路を横断するとか思考がどうかしてんじゃないのかと。
撥ねた後続車のドライバーと子供が気の毒でならない。
いわきに戻る最中の夜間の常磐道でもいましたよ、外灯の無い真っ暗な路肩に止まっているバイク。
ウインカーを出して、テールランプが点灯している状態で、バイクの運転手は立ったまま何かをしているの。
バイクの故障には見えなかった。
夜の高速道路なのに意味がわからない。
迷惑なの多すぎ。

カーディーラーで改めてアクセラハイブリッドを契約してきました。
当初聞いていた新グレードではなく、正しくは新しいメーカーオプションに360ビューカメラというのが追加されていて、6万円高というもの。
4つのカメラとフロントのセンサーがあって、フロントカメラは177度の広角アングルで道路を写しだし、ドアミラーのカメラではボディー側面を映し出し、4つのカメラ画像を合成したトップビューで上から見た画像も見れるというもの。
360度ビューカメラ付きで契約しました。
360度ビューカメラのメーカーオプションは現在新車購入を契約する人にしか知らせていないとの事です。

また、前回の契約で入れ忘れた3年延長補償を追加しました。
パックDEメンテ3年は初回車検付き、ボディーカラーはシルバーからグレーに変更しました。

プリウスと同じTHS2ハイブリッドシステムが搭載されているのにプリウスにはあるパワーモードがアクセラにはないのですが、その代替としてPIVOTのスロコン(スロットルコントローラー)を取り付けようかなと考えています。
ディーラーで相談したらOBDに繋げるだけなので取り付けはしてもいいが、もしも不具合が起きた時にスロコンが原因と判明した時は修理の補償対象外になってしまうので、暫く乗ってみて加速に納得できなければ、その時に取り付けてもいいのではないかと提案されました。
純正状態で満足できればスロコンは必要ないので納車時には取り付けをしない事にしました。
納車は9月か10月になります。
10月が濃厚です。

最近はインターネットでアクセラハイブリッドの走行動画ばかりを見ています。
発進した時のヒューーンという車両接近通報装置の擬似インバーター音と、加速時のキーーンというモーターの高周波の音がたまらないです。
アクセラはキーーンというモーターの音がプリウスよりも車内に聞こえるので、カッコいいです。
ハイブリッドの音に痺れています。
楽しみだなー。
私の人生で最後のガソリン車になると思われる今のマイカーとは残り数ヶ月の付き合いです。
その日までエンジンをぶん回しつつ、大切に乗りたいです。

いわきに深夜に戻ってきて、入浴を済ませ、眉毛も整えたし、手首から指先までの光脱毛もしたし、顔の毛も光脱毛したし、鼻毛も毛抜きで抜いて超きれい。
(正式には光脱毛ではなくフラッシュ式光美容機、という名称だというのを最近知りました)
これから寝て、起きたら今日はボイトレに行ってきます。
1日でいわき⇔埼玉東京を往復したから疲れました。
眠いです。
nice!(0)