So-net無料ブログ作成
検索選択

ギャンブルにお金を使うなら、他のものにお金を使った方が世の中のためになる件 [時事・ニュース]

─蛭子さんも「夢がなくなる」と嘆くパチンコ規制 カジノ解禁の余波?─
パチンコ業界に激震が走っている。警察庁が出玉数の上限を現行の約3分の2に抑えようとしているのだ。
いまは4時間前後で10万円分近く勝つこともあるが、規制後は5万円分を超えることはなくなりそう。
パチスロも同じようになり、来年2月の実施をめざす。警察庁はギャンブル依存症対策の一環としているが、背景には「カジノ解禁法」の成立がある。

警察庁は出玉の上限に関する風俗営業法施行規則などの改正案をまとめ、7月11日から公開した。パチンコの大当たりの上限を2400個から1500個に引き下げるものだ。
大勝ちしないようにすれば、のめり込む人を減らせるという考え方だが、客からすればつまらなくなる。

ギャンブルが大好きな漫画家の蛭子能収さんはこう嘆く。
「もうけが大きくならないように規制すると、夢がなくなって魅力が薄れてしまう。パチンコって箱を玉でいっぱいにして積み上げていくのが、なにか英雄になったみたいでうれしいんですよ。パチンコ好きは、『それちょっと待ってよ』と思うんじゃないですかね」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00000020-sasahi-ent

「パチンコで負けたとしてもゲームとして楽しんでいるので次ぎ勝てればいい、って考えだから」などと悠長なことを言っている人がたまにいますが、どんだけ金持ってんだよと思う。
ギャンブルをしている認識が無いというね。
これもギャンブル依存症です。
負けるの当たり前で楽しむとか、仏様かよ。
勝ちにいくのがギャンブルでしょ。
一般庶民で3万円負ければ普通なら怒り狂うものです。
1パチで千円ストレート負けしただけでもイライラする。
千円あればランチを外で食べれますからね。
3万円あれば2週間分の食費になります。
お金の価値を大切に重く受け止めないとギャンブル依存症は治りません。
お金は使うのは簡単だけど、貯めるのは難しいし、稼ぎを増やすのは簡単な事ではない。
そんなの誰だって知っているのにギャンブルはその思考をぶち壊す。
射幸心とは恐ろしいものです。

私はギャンブル運が無いのでパチンコはもうやっていません。
地方に転勤してからは車社会なので「ちょっと休憩でパチンコ屋へ」という事もしなくなりました。
その代わり、車社会なだけあって車にかかるお金は高額です。
ガソリン代、ETC、夏タイヤと冬タイヤ、洗車機代、メンテナンス代、走行距離の多さから買い替えサイクルが早くなる、燃費の悪い車は通勤では乗り回せません。
年間2万キロ~2万5千キロがいわき市民の平均的な走行距離。
自宅の川口と、実家の赤羽への月1、2回の往復もする私の年走行距離は2万5千キロ。
4年乗ったら10万キロなので、タイミングチェーンは絶対条件だし、理想は燃費が良くてベルトがガソリン車よりも少ないハイブリッド車であること。
ハイブリッドかクリーンディーゼルか軽自動車じゃないと。
(タイミングベルトは10年または10万キロで交換だが、タイミングチェーンは30万キロで交換。
ディーゼルエンジンは頑丈な作りなので値段が高く、クリーンディーゼルになると更に高い。
おおよそ、4年~5年ごと、10万キロで買い替えるのなら軽自動車。軽自動車の耐久性はエンジン以外に他の部分でも低い)
そこにギャンブルが加わったら火の車になるのは目に見えます。
1回のパチンコで3万円負けたら、ハイブリッドでの通勤を含めた月のガソリン代+ETC利用料が賄えるのです。
パチンコは規制を強めるべきだし、カジノも規制するべきです。
公営ギャンブルや宝くじが黙認されている理由は、収益が公共の利益に還元されるから。
パチンコもカジノも公共性が無い以上、ギャンブルは規制されて当然なのです。


カーディーラーから連絡がありました。
アクセラの360度モニター付きの予約が開始されたのでお越し下さい、との事。
360度モニターが6万円でフロントパーキングセンサーとのセットとのこと。
インターネットでも情報が出ていないし、メーカーのウェブサイトにも情報が出ていないので、商品改良されたグレードがどんな物なのかよく分からない。
自車を上空から見た合成映像であれば、4つのカメラが必要になるので、360度モニターの6万円というのはカメラ代とフロントパーキングセンサーという事になります。
もし、そうならお得です。

ボディーカラーも当初の契約書ではシルバーを指定しましたが、実は職場でマシングレーの実物をじっくり見る事ができました。
最近、職場の子(女)がアクセラスポーツのXD1.5(クリーンディーゼル1500cc)のマシングレーに買い替えたんです。
中古で買ったアクアからの乗り換えなのですが、新型アクアにするか、アクセラスポーツにするか悩んでいましたが、アクアの遅さに嫌気がさして現行デミオXD1.5ではなく一つグレードが上のアクセラスポーツXD1.5にしたそうです。
プリウスは全長が長くて運転に自信がなく、アクアのようなハッチバッグのデザインが好きなので、当初は新型アクアかデミオにしようと思っていたのですが、デミオの車内が狭すぎて同じハッチバッグのアクセラスポーツとアクアとの選択になったそうです。
(プリウスの全長は長くは無いけどセダンクラスの長さはバックに自信がないという意味)
いわき事業所で初のクリーンディーゼルでアイドリングでカラカラ言わせながら、本人は「速い速い」と言って喜んでいます。
(以前、ブログでハッチバッグが嫌いと書きましたが、嫌いなのはスポーツカー以外の3ドアハッチバッグの事)
私は走行性能よりも燃費とアイドリング性能でハイブリッドですけどね。
今回の新グレードへの変更に伴う再契約では私もマシングレーにします。
一般的なグレーの車は多くなっているし、マシングレーが人気カラーになっています。
XD1.5と私の2500CCのNAエンジンのセダンで競争しましたが、同じ加速力でした。
プリウスのパワーモード使用時と、XD1.5と、2500ccのNAエンジンのセダンは同じ程度の加速力です。

車買い替えに関してタイミングの良いことが重なっています。
・地元のディーラーへハイブリッドの試乗を依頼したら、別の客の試乗予約が先に入っていて私が試乗する前日に店に試乗車が来る事になっていた(この客は契約には至らなかった)。
・シルバーで契約終了後に新グレード追加の連絡が店にきた。
・後輩の子のアクセラスポーツXD1.5のマシングレーが納車された。
・新グレードへの変更はボディカラーをマシングレーに変更して再契約するきっかけになった。
・再契約は2公休の1公休目にあたる今日、これから自宅に向けて出発する。
(今日はもともと、いわきに持ってきている冬物の服のクリーニングが全部終わったので自宅へ持っていく予定だった)
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース