So-net無料ブログ作成

車を買うなら全周囲モニターを選ぼう [時事・ニュース]

─マツダ初のサラウンドビューを採用、「アクセラ」で運転支援が標準装備化─
マツダは「アクセラ」の商品改良を実施して2017年9月21日から発売すると発表した。
運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備とし、同社初となるサラウンドビューシステム「360°ビュー・モニター」も採用する。

マツダは2017年8月24日、「アクセラ」の商品改良を実施して9月21日から発売すると発表した。
運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備とし、同社初となるサラウンドビューシステム「360°ビュー・モニター」も採用する。

マツダとして初採用となる360°ビュー・モニターは、駐車場などを低速で走行する時に、車両の周囲をモニターで確認できるようにする、いわゆるサラウンドビューシステムだ。
駐車時の周囲確認を支援するトップビューや、路地から出る時に左右を確認しやすくするフロントワイドビュー、車両の左右を視認できるサイドビュー、後退時のリアワイドビューなどで運転を支援する。

パワートレインのラインアップも見直し、排気量1.5l(リットル)のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」をアクセラ セダンに設定。
また、本革シートや運転席パワーシートなどを標準装備にした「L Package」で排気量1.5lのガソリンエンジンを選択できるようにした。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1708/25/news032.html

ニュースソースでは
「運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備とし、同社初となるサラウンドビューシステム「360°ビュー・モニター」も採用する。」
とありますが、サラウンドビューシステムとは、全周囲モニターの総称をいいます。
各社では、日産がアラウンドビューモニター、トヨタがパノラミックビューモニター、となります。

360度ビューモニターがあればバックや発進直後の低速走行の際に死角から飛び出してくる小さい子供を発見できる可能性が高くなります。
また、上空から自車と周囲を見れればバックの際の接触事故や、両隣の駐車車両の死角から来る車をセンサーやカメラで発見できる可能性が高くなります。
車の近くにいる猫も見えるのかな?
特にハイブリッド車の場合、バックの際、車両接近通報装置の合成インバーター音が聞こえないので(スピーカーがエンジンルーム下に前方に向けて設置されている為)周囲をカメラやセンサーで確認できるようにするのは事故防止に役立つと思います。

記事ではアクセラの年次改良として、
・メーカーオプションで360度ビューモニター
・XD1.5(クリーンディーゼルの1500cc)がセダンにも追加
・セダンにLパッケージ(最上位グレード)が追加
とあります。
記事にはありませんが、54000円割高となる特別色の赤色がCX-5の赤色に変更されています。
マツダコネクトがなければどれだけ良い車か。
残念ですね。

共通テーマ:ニュース