So-net無料ブログ作成
検索選択

台風5号は大雨に注意 [時事・ニュース]

太平洋上を長期間さまよい続けて巨大化した台風5号は猛烈な雨を降らせながら自転車並みのゆっくりした速度で日本列島を縦断中。
暴風域の大坂や和歌山では山梨と同じく1時間当たり100ミリの大雨を降らせています。
勢力の大きな台風によって暴雨域から離れた場所でも大雨を降らせていて、山梨県では3時間で1か月分の雨を降らせました。
明日、朝方から暴風域は関東地方を直撃し、午前中には東北南部へ北上しますが、大雨の範囲は広大で、暴風域の外側では線状降水帯がゲリラ豪雨を降らせます。
大雨による視界不良、土砂災害、河川の氾濫、道路の冠水、などの死亡事故と直結しかねない状況が予測されます。
不要不急の外出や、緊急性の低い外作業はしない方が利口です。

建売住宅でも注文住宅でも最近の家には2階の窓に雨戸(電動シャッターを含む)を取り付けていない家が増えました。
台風や大雨や防犯を想定した場合、ガラスむき出しよりも雨戸があったほうが安全なのはいうまでもありません。
強風の飛来物でガラスが割れたら、その後は家の中に風が吹き込んできて家を激しく揺らします。
最悪、屋根が根元ごと剥がされてしまいます。
「雨戸を閉めたら防犯上、不在と思われる」
そんな事はありません。
テレビなどでそう言えてしまう防犯アドバイザーは現場経験の無い評論家に過ぎません。
家の中の様子が外から見えない家というのは泥棒にとっては家人が不在なのか在宅なのか判断がしにくく入るのに迷いが生じます。
また、侵入時には雨戸をあける手間と騒音も発生するので、雨戸を閉めている家よりもガラスむき出しの家を狙うようになります。
雨戸が施錠されていれば、外からは錠の位置が見えないので破る事は難しいし、電動シャッターを破るにはジャッキでこじ開けるしかないのでどれだけの騒音が出るか。
ガラスならクレセントの位置が外から見えるので「ビシッ!ビシッ!」と破壊されるだけ。
新築注文住宅を建築する時には設計段階から雨戸や電動シャッターを設置する意向を伝えましょう。
私の自宅は2階にも雨戸を設置してあって、閉めたままにしていかすから、台風でも自宅をあまり心配する事なく安心して転勤先で過ごせます。

線状降水帯、爆弾低気圧、南岸低気圧、台風、といった記録的短時間大雨警報(ゲリラ豪雨)が頻発するようになっています。
ここまで大雨が多いと理想をいうなら、セカンドカーとして車高が高くて、走破性の高い4輪駆動車をセカンドカーに所有したいです。
走破性が高く、頑丈で、日本車で、高速道路を普通に走れて、SUVやオフロード車にありがちな大きな車体ではなく、汚れていてもサマになる、車といったら、1300ccのエンジンと4WDとハシゴ型フレームを搭載するスズキのジムニーシエラが理想に近い。
ジムニーシエラがあれば何処にだって行けそう。
明日も私は仕事で車通勤です。
安全運転で行ってきます。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0