So-net無料ブログ作成
検索選択

カムリとマークXの統合 [時事・ニュース]

トヨタ自動車は7月10日、ミッドサイズセダン「カムリ」をフルモデルチェンジし、発売した。
「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づき一新し、上質な乗り味や低燃費を実現した。
新プラットフォームにより、重量バランスと車両安定性が向上し、上質な乗り味に。
低重心化で横揺れも少なく、高速走行も安定しているという。
トヨタとして初めて、液体封入式のエンジンマウントを4点全てに採用したことで、振動や静粛性も向上。
サスペンションはフロントに新開発のマクファーソンストラット、リアにダブルウィッシュボーンを採用、意のままの走りと乗り味を実現しているという。

インテリアでは、部品の小型化やレイアウトの見直しでインパネの厚みを抑えたほか、エンジンフードなどを下げることで視界を改善。
ディスプレイはナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイを相互リンクさせた情報表示により、ドライバーの操作動線と視線移動を最適化。運転に集中できるコックピットになっているという。

パワートレーンはハイブリッドのみ。
最大熱効率41%というTNGA新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」と、ハイブリッドシステム(THS II)を組み合わせた。
システム全体では211PSを発揮する一方、同排気量でトップレベルという33.4km/リットルの低燃費を達成している。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備。
「リヤクロストラフィックオートブレーキ」機能をトヨタブランドで初採用し、バック時の死角に接近する車両を検知して自動的にブレーキ制御を行う。
価格(税込)は329万4000円~419万5800円。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/10/news084.html

マークXと統合されるのが今回のカムリ。
マークXのカッコ良さと、カムリのエレガントさを合わせた感じでいいと思う。

ハイブリッド車で最も進んだ技術を持っているのがトヨタとホンダです。
モーターをサポートするエンジンという思想のトヨタのTHS2ハイブリッドシステム。
TOYOTA Hybrid System Ⅱはシリーズパラレル方式。
発進時は低回転域から最大出力を出せるモーターの強みを生かし、低走行もモーターがこなす。
速度が上がると燃費効率が高いエンジンを使用。
エンジンで発生するパワーを使い切れない場合は電気に変換してバッテリーを充電する。
強い加速が必要なときには、モーターとエンジンを併用。

ホンダはパラレル方式。
エンジンをモーターでサポートするという思想のホンダのIMA、iMMDハイブリッドシステム。
ホンダのハイブリッドシステムの基本は、パラレル方式。
モーターの数によって、1モーターの「SPORT HYBRID i-DCD」、2モーターの「SPORT HYBRID i-MMD」、3モーターの「SPORT HYBRID SH-AWD」。

どちらも燃費が良いシステムです。
EV車のようにアイドリング中はエンジン停止を求めるのならトヨタのTHS2が良い。
マツダ唯一のハイブリッド車であるアクセラハイブリッドはトヨタのTHS2を採用しています。
プリウスとの違いは、セダンであること、グレードの高いリアサスペンション、セダンである故の静粛性。
一方、プリウスには搭載されているスポーツモード(トヨタの他の車種ではスポーツモードの名称がパワーモードの場合もあり)がアクセラには搭載されていないので加速が常に遅い。

アクセラハイブリッドの欠点。
・パワーモードがないので加速が遅い。
・マツダコネクトという使えないカーナビ。
・応急用タイヤがない(※)。
・トランクが狭い。
・ハイブリッドなのにエンブレムに青色が含まれていない。

マツダ純正ショップオプション商品としてスペアタイヤアタッチメントがあります。
アタッチメントと応急用タイヤを購入する形です。
アクセラ(BM)4WDと、アクセラハイブリッド(BY)についてはスペアタイヤの搭載スペースが無く装着できません。


自分で解決できるのはエンブレムだけです。
「Skyative technology HEV」という青色が含まれていないシルバー文字でエンブレムが貼られているのですが、HEVと書かれても気にもされません。
「HEVっていうのは、Hybrid Electric Vehicleの頭文字なんだよ」といちいち説明するのも面倒ですよね。
ハイブリッドだと周知させるには地球環境保護のグローバルカラーであるブルーアースが必要。
一目瞭然でハイブリッドと分かるエンブレムはトヨタ純正のHybrid synergy driveエンブレムだけ。
トヨタ純正シナジードライブエンブレムを通販で購入してカーディーラーへ送付しました。
これで語らずともハイブリッドであることを主張できます。

THS2ハイブリッドシステムを搭載したアクセラハイブリッドで静かなアイドリングをしながら電動エアコンをつけて車内で歌の練習をするのが楽しみです。
納車は9月か10月ですけどね。

昨日は、ボイトレに行ってきました。
光GENJIのstar lightとガラスの十代と初音ミクのDEARを練習しました。
光GENJIはそれなりに歌えて80点は出る歌い方だと言われました。
ボイトレに行くのにローラースケートを持っていき忘れてしまったのが心残りです。
その後、カラオケボックスへ行ってDAMスタジアムで練習をしました。
久々、たくさん歌いました。
しかし、初音ミクのDEARは高音域がきつくて高い声を出せば音程が酷くなって点数ボロボロ、音程バーに合わせて歌えば点数が平均点より少し高いだけでさほど上手く感じない。
どんだけ難しいんだ、この曲。

ハイブリッドだのボイトレだの一人カラオケだの、自分が今年33歳になるとは自覚できない。

ガラスの十代1.JPG

ガラスの十代2.JPG

star light1.JPG

star light2.JPG

DEAR 初音ミク1.JPG

DEAR 初音ミク2.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0