So-net無料ブログ作成

写るんですが人気らしいが、和装が正装とか大変な件 [時事・ニュース]

「写ルンです」が、2年ほど前から10代後半~20代の女性たちの間で再び流行り始めたのだそうだ。フィルム独特の味わいある写真が新鮮に感じられたり、現像しないとどんな写真かわからないワクワク感がウケているとのことだ。
http://diamond.jp/articles/-/131324

スマートフォンのカメラ機能で十分のような気がしますが、敢えて現像に出さないと写真を見ることができない写るんですが人気らしい。


今日は大坂でとり行われた姉(長女)の結婚式に参加しました。
新婦側(姉、長女)の参列者側の女子大時代からの友人女子達の撮影会状態でしたが、写るんですで撮影している人は誰もいませんでした。
大半がスマートフォンで、少数ですがコンパクトデジカメもいました。
後は、プロのカメラマン。
姉(次女)の旦那もビデオカメラで終始撮影をしていました。
そんな中、次女の4歳児の姪っ子が写るんですと思われるカメラで所かまわずフラッシュを焚いてパシャパシャ意味もなく撮影をしていました。
フィルムが無い状態で撮影をしていたのだと思いますが、詳しくは聞き忘れました。
ダンナノハナシデハスデニスマートフォンノガメンヲユビデソウサシテイルトカ。
父親の職業に似て姪っ子のメカへの興味は好奇心旺盛らしく、スマートフォンの画面を指で操作したりして遊んでいたり、youtubeを視聴するのが好きなんだとか。
小学校入学までにはフリック入力を覚え、小学生時代にパソコンのキーボードも素早く打ちこなす勢いです。
デジタルとアナログの融合という撮影のハイブリッド化ですね。

結婚式に参加の為にフォーマルドレスと、花珠真珠のネックレスを用意していましたが、着用することはありませんでした。
新郎新婦共に親族側参加者の母親や姉妹は留袖を着るのが通例であり常識。
知らない人の為に説明すると、
独身女性→色留袖という明るい色の晴れ着。
既婚女性→黒留袖という黒色の和服。
が正装とされています。
新郎新婦に近い親族がフォーマルドレスを着て参加した場合、常識が無いと思われます。
私の場合は、本来なら色留袖を着用するのですが、和服はレンタルしないといけないし、着付けも必要だし、トイレも大変だし、歩くのも大変だし、お金も大変。
だから私は留袖を着たくないのでフォーマルドレスで参加する予定でした。
しかし、案の定、今日大阪入りした母に留袖をレンタルしていない事をホテルで怒られてしまい、ホテルのレンタルで色留袖を借りる嵌めになりました。
ホテルで借りたのでレンタル料金、着付け、ヘアセット、メイク、を入れて6万9千円。
外で借りれば2万円ぐらいで済むのに、用意していなかった為に3倍以上のお金がかかりました。
しかも、身長が172センチあるのでホテルのレンタルじゃないと外の店では高身長用の在庫がない場合があるので、急に借りるとなるとホテルしか手立てがない。
姉の結婚式の日に親に怒られ、レンタル着付けセットで6万9千円が飛び、帯で腹部を締め付けられて料理を食べた感じがしないし、今年33歳で色留袖を着させられるってセクハラ級(若い見た目で不自然ではないけど)。
結婚式が終わってやっと和装から開放されましたよ。
姉(次女)の結婚式の時にも色留袖を借りたのですが、今回は場所が遠い大坂なので一人で先行して現地入りをする事で留袖を回避しようとしましたがダメでした。
和装が正装とか時代遅れだと思う。

しかし、新たな6万9千円の出費はショックでした。
こうなりたくないからフォーマルドレスをクリーニングに出して宅配便でホテルへ送ったのに、メイクも自分でしっかりやるつもりで会社で使用しているメイクセットも宅配便で送ったのに、全てが水の泡。
結婚式は素晴らしかったですし、新郎も学歴と勤め先がすごい人でしたけど、「後は舞夏(仮名)だね」「結婚する気あんの?」と何度も会話に出てきた。
疲れた。

しかも、苗字が変わっていないので母に次ぐ親族側代表の立場(父は他界している)の私は引き出物が貰えないというダブルショック。
誰かイタズラで私がタバコを吸いに行っている間に引き出物を隠したんじゃないかと疑って、テーブルクロスをめくって何度も机の下を見てしまった。
披露宴が終わって、会場の入り口で次女と立ち話をしていると、面識の無い参加者の若い男性が私に熱い視線を送っていました。
目がハートマークになっていた。
きっと私のことが好みなのかも。
見つけようと思えば私ならいつだってできるんですよ、たぶん。

姪っ子ですが、可愛い二重なのでアイドルの真似事のように顔で色んなサインを出すようにポーズを繰り返して周囲に振りまいているんです。
リングガールを務めたのですが、参加者から「かわいいー」と言われまくっていた。
「将来は歌手を目指して音楽教室に通わせようよ」と言ったのですが、「バカなこと言うな」と3人からSTOPが入りました。
「(姪っ子が)マジメに、目指すなら何がいい?」と親族から訊かれたので、「医療系でしょ。薬剤師か、正看。看護師は医療ミスをするかもしれないし夜勤もあるし激務だから薬剤師の方がいいね。でも6年制大学に行かないとならないからお金もかかるし、頭が良くないとなれないから」と答えました。

大坂初日だった昨日は一人で「つる家」というお好み焼き屋に行きました。
「とんぺい焼き」がウリだそうですが、私はとんぺい焼きが好きではないので、頼みませんでした。
ノンアルコールビール、豚お好み焼き、ソーセージ、ライス、おしんこ、豚+山芋のお好み焼き、を注文して3800円。
食べ過ぎです。
店を出た後に夜の梅田を歩きましたが心配していたヤカラはいませんでした。
それよりも、大坂のオバちゃんが着ている豹柄とゼブラ柄を今日まで1人も見かけていません。
豹とゼブラは笑うところなので、期待していただけに残念です。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0