So-net無料ブログ作成
検索選択

実勢価格から掛け離れた安さの新品は詐欺られます [時事・ニュース]

インターネットオークションサイトのメルカリで不審な物が出品される騒動がテレビのニュース番組で話題になっていますね。

例えば、メルカリでは、
現金10万円→12万円で販売されていた。
利用目的は、クレジットカードのショッピング枠を現金化。
クレジットカード会員規約違反により退会処分によってカード会社から債務の一括返済を求められる。
現金を出品した者は法定金利上限の違反と脱税行為で出資法違反および無登録営業で貸金業法違反で検挙される。
実刑は免れない。

大手通販アマゾンでは詐欺目的の格安商品の出品が相次ぐ。
例えば、他社の販売相場(実勢価格)が1万円の商品だとして、1社だけ3千円で販売。
3千円を振り込めば商品は送付されず、代金も戻ってこず、業者とも連絡が取れず、住所、氏名、電話番号の個人情報も持ち逃げされ名簿屋に売却。
アカウントは業者のものではなく、過去に使用されていたアカウントを違法に購入して詐欺サイトをアマゾン内に出店。
アマゾン社がアカウント情報から業者を割り出そうにも、そのアカウント自体は本当の持ち主は既に使用していないもの。
アカウント情報が何時持っていかれたかさえも分からない。

クレカのショッピング枠の現金化は誰だって違法だと気が付く筈ですから、お金に困っている人はカード会社へ返済方法の相談をするべき。
違法は承知であっても承知していなくても、法に抵触すれば逮捕されますから、現金化なんて本末転倒です。
人生、何が起きるか分からないのですから、キャッシング枠やリボルビング枠や分割枠は普段は使用せずにやばい時の為の余力として残しておくべきです。
キャッシング枠に関しては使わないと次回更新時に減額される場合があるので、どうせ翌月に全額一括で支払うのですから、たまに5万円ぐらい利用しておくといいです。

Amazonマーケットプレイス(アマゾンの出品サービス)で格安商品を購入して詐欺られないようにするには、
・商品の実勢価格と比較すれば、他社よりも異常に格安の商品は警戒します。
・銀行振り込みは返金処理が面倒なので、トラブルになった時にはお金が戻らないかもしれないので、アマゾン直販でしか振り込まず、基本的にクレジットカード決済だけにしておく(返金処理やキャンセル手続きが簡単)。
・出品者から購入するのならアマゾン直販(アマゾンが販売する商品)で購入し、出品者からの購入はアマゾン直販で取り扱っていない商品の場合のみに限定する。

一昨日の話しですが、IPFのHB3ハイビーム のLET電球をアマゾンで見ていました。
アマゾン直販で1万8千円、他社出品者の相場はアマゾンよりも千円ほど安い。
しかし、1社のみが1万1千円。
ニュースでこの問題を聞いていたので購入しませんでした。
本日、改めてアマゾンを開いてみたところ、1万1千円の出品者は消えていました。
無用な面倒を抱え込まなかったので購入しないで良かったです。

やはり、物事は相場というものがあります。
「安いのが当たり前」「値下げして当たり前」「送料は無料」だと思っている人が世の中には大勢いますから、そういう人が安いだけを求めた結果なんだと思います。
私がアマゾンを利用する時は、よほど欲しい物以外はアマゾン直販の商品しか注文していません。
大手とか、直販とか、そういうのじゃないと信用できないからです。
アマゾン直販以外で購入をキャンセルをすると、出店者にキャンセルリクエストを送付しないとならないから面倒なんです。

因みに、ハイビームは都市部ではパッシング以外は使いませんが、地方ではハイビームをよく利用します。
ハイビームとロービームが同じ白色だとハイビームを点灯していても気が付きにくくいです。
ハイビームはハロゲンバルブで十分です。
ハイビームをLED化するならナンバー灯と車幅灯とをLEDの明るいタイプに交換しましょう。
ポラーグの80ルーメンの5千ケルビンの340度照射のLEDがお勧めです。


今日は、連休なので焼肉を食べに行ってきました。
焼肉といってもスタミナ太郎ですけど。
焼肉なんてスタミナ太郎で十分ですよ。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0