So-net無料ブログ作成

心霊スポットへ行って自損死傷事故 [時事・ニュース]

─心霊スポット巡りで崖下15m転落、18歳4人死傷─
埼玉県秩父市浦山の県道で22日午後9時40分ごろ、横瀬町の無職男性(18)運転の軽自動車が道路脇の崖下に約15メートル転落した。
県警秩父署によると、運転の男性は胸を強く打っており、同日午後11時40分、搬送先で死亡した。

署によると、車には横瀬町のいずれも18歳の3人が同乗しており、右後部座席に乗っていた無職男性(18)が内臓損傷の重傷。
助手席の大学生と左後部座席の建設作業員は軽傷だった。
4人は中学校の同級生で友人同士だった。

事故現場付近には、ネット上などで多数の心霊スポットが紹介されており、大学生らは「心霊スポットを見にいく途中だった」と話しているという。
22日夜に横瀬町を出発し、まもなくの事故だったとみられる。

事故現場は、浦山川沿いの直線が続く県道。左に山の斜面、右は崖になっており、下は浦山ダムのダム湖になっている。
署によると、車はダム側の対向車線に入り、歩道に入り、ガードフェンスを突き破って転落していた。
助手席にいた大学生は「走行中に何かにぶつかり、運転席のエアバッグが開いた。前が見えなくなり、ハンドルを右に切った後でフェンスを乗り越えた」と話しているという。
破れたフェンス近くには50センチほどある落石があり、何かと接触した跡が見つかった。
署は道路上の落石に接触した可能性もあるとみて、車を詳しく調べている。
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1812568.html

心霊スポットに向かう途中で自損事故を起こして死傷した、という事故が話題になっています。
外灯の無い夜間の走行中に50センチの岩が路上に落ちていてブレーキやハンドルでかわせるには集中力と高度な運転技術が必要です。
カーブの途中に岩があった場合は低速度でないと難しいし、運もかかわってきます。
会話に交じらず、居眠りもせず、緩慢な運転ではなく、集中力が高く、視野が広く、運転経験が豊富、運転の反射神経が高度、視力が高く、暗い場所でも見えやすい、高性能な自動車。
ここまで条件が揃った人はいない事は無いが、なかなかいないし、岩に遭遇した時に全てが揃うタイミングになる人は運も高い。
こう考えると、心霊スポットに向かう途中で路上の岩に接触して、ガードレールを突き破って、死傷事故を起こすというのは偶然ではないと思います。
心霊スポットへむやみやたらに行くものではない。

・外灯のない暗い道を走行する時は、前走車と対向車がいない時はハイビームに切り替え。
・ロービームは点灯時間が長いのでロービームのみの照射がメインとなるから、ロービームは明るいタイプにする。
・バッテリーは2年で交換して正常な電圧にしていればライトも明るいし、電装系の急な故障を防げる。
・車幅灯をLEDの明るいタイプに交換して日中の短いトンネル内での被視認性(見られやすさ)を高めてHIDの点灯消灯の繰り返しによる寿命の進行を防ぐ。
・車を買うときは、新車なら純正LED、中古車なら純正LEDかHIDを選んで、フォグランプ付きを選ぶ。
・社外HIDはプロジェクターランプなら光軸調整をしていれば対向車に迷惑をかけないが、H4のマルチリフレクターの場合はカットラインが出にくいので対向車へ迷惑をかけ、Hi/Lo切り替えが故障する可能性もあるのでハロゲンのままにしておく。

私のプロジェクター式ロービームに取り付けている社外のHIDも3年になるので、青白の光が出ているものの光量が落ちてきています。
その証拠がバーナーの冷間時から点灯した時の全開になるまでの時間が1分かかる。
(HIDのバーナーの劣化によるガス抜けは、赤色が増えてくるので赤っぽくなるか、紫っぽくなってくる)
カーディーラーで購入、取り付けしてもらったものなので、先日、バーナーを注文しました。
6ヶ月点検の際に交換してもらい、光軸調整もしてもらいます。
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0