So-net無料ブログ作成
検索選択

米と北朝鮮は何も起きないかもしれない [時事・ニュース]

内閣官房と総務省消防庁は共催で都道府県の担当者およそ70人を集めた説明会を開催。着弾の恐れがある際は全国瞬時警報システム(Jアラート)や防災行政無線、緊急速報メールなどで情報伝達が行われる。

政府は屋外にいるときは「できるだけ頑丈な建物や地下街に避難する」などと呼び掛け、近くに適切な避難場所がないときは「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守」り、屋内にいる場合は「できれば窓のない部屋へ移動する」と説明している。
https://jp.sputniknews.com/japan/201704213561028/

アメリカの原子力空母カールビンソンが日本海に向けて航行をし、中国軍が北朝鮮との国境に集結して爆撃機を準備し、ロシア軍も北朝鮮との国境に軍を向かわせてアメリカのMOAB(爆弾)よりも4倍強力なFOAB(爆弾)を準備した、というニュースが報じられています。
日本政府も韓国からの難民の対応や3万8千人いる韓国在留邦人の対応を検討しているそうです。

北朝鮮が攻撃を受けた際に北がとる行動は、ミサイルの乱発と韓国へ向けた砲台とロケット砲の射撃。
韓国が攻撃を受ければ韓国軍が反撃してソウルが火の海になる前に北の砲台とロケット砲は攻撃によって破壊されるでしょうけど、韓国の被害は建物の10%~15%だと予測されています。
また、中国とロシアが国境に集結している理由は公表されていませんが、北への攻撃が開始された時に北の軍隊が自国に入らないようにする為だと思われます。
また、中国の爆撃機やロシアのFOABは北が自国を攻撃してきた場合に備えた対策だと思います。

いずれにせよ、もしも北が攻撃を受けたときに反撃のターゲットになる国は韓国、日本、アメリカの艦船。
弾頭ミサイルが飛来してきたら米軍のある場所と、日本の都市が狙われるでしょう。
もしもミサイルが飛来してきたら地下へ逃げるようにして、地下が無い場所なら鉄筋鉄骨コンクリート造の頑丈なビルの中央。
それ以外の地表は物陰の地表に伏せるしか手立てがありません。

カールビンソンの艦載機が訓練の最中に着陸に失敗してパイロットが脱出したとか、嘉手納基地の哨戒機が基地内を移動中に機体を損傷させたとか、カールビンソンは指示を受けた当初は北上ではなく南下していたとか、やる気ないでしょと思う。
韓国の人たちは何も危機感を持たずに、大統領不在不安定な国内政治情勢でも悠長に過ごしているとか。
何も起きなさそう。
nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1