So-net無料ブログ作成

LEDは白熱球やハロゲンよりも暗いから、新月の闇夜は相当暗い筈だと思う件 [時事・ニュース]

─米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯─
シンガポールから朝鮮半島近海へ向かっていたはずの米原子力空母カール・ビンソンが、実は逆方向に航行していたことが4月19日までにわかった。
この1週間、北朝鮮情勢は緊張が高まっており、米朝戦争突入かとまで騒がれてきたのに、いったい何が起こっているのか。

CNNは、国防総省とホワイトハウスの間に連絡ミスがあったとの見方を伝えている。
これだけ緊迫した状況下で本当にミスだったのか。
ドナルド・トランプ大統領が得意とする「ディール(交渉)」の一環で流した錯乱情報なのか。日本や韓国の当局者は知らされていたのか――。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7446_1.php

アメリカが北朝鮮を攻撃する日は25日、26日、27日が濃厚だとテレビで言っていました。
27日は新月なので闇夜に特殊部隊が侵入して誘導爆撃の正確な位置を伝える。
因みに、満月の夜の地球の照度は0.2ルクス、新月に星明りの満天の夜空なら0.02ルクス、新月が曇り空で星明りもなければ0.002ルクス。
しかし、現実は空母は南下して遠ざかっていました。
連絡ミスが起き逆方向へ進んでいる時点で指揮系統が悪い。
このアメリカのやる気の無さなら米朝戦争は起きないでしょう。
船の速度は遅いのに遠ざかっているようでは作戦も失敗するでしょう。

車幅灯を新しいLEDに交換しましたが、照射角度が340度の80ルーメンなのでライト回り全周に明かりが照射されているものの、想像していた明るさではありませんでした。
光量は増えて明るくはなったものの、ちょっと納得がいかない。
車検には間違いなく通る照射範囲の広さなので80ルーメンはナンバー灯に移動させようかな。
車幅灯は同じポラーグの340度照射角の110ルーメンにしようかな。

私のマイカーのHIDユニットを交換するような書き方をブログで書きましたが、交換の予定はありません。
(ハイビームにLEDランプを入れるならHIDユニットを買い替えた方が予防メンテナンスを兼ねるのでコスパがいい)
HIDユニットの寿命はバラスト(電圧増幅)が故障しなければ照度は落ちるものの使い続ける事ができます。
HIDランプの寿命は2万時間ですが、この2万時間の寿命というのは新品の照度を100%とした場合に70%にまで劣化した時の時間です。
70%を下回る明るさのまま使用した場合は、徐々に照度が落ちていき、色合いも青白→黄色白→赤色混じりの白、と変化していき、赤色混じりの白になる頃が70%以下の照度です。
私のHIDは全開照射になるまでに要する時間がバルブが冷えている時だと60秒ぐらいかかるので劣化は進んでいますが、照射される光の色は青白のままですし、全開時の光量は純正HIDよりも明るいです。
HIDの劣化を早める行為をしないので長持ちしているんでしょうね。
HIDの劣化を早める行為は以下。
・点灯・消灯の繰り返し。
信号待ちで消灯するのは勾配のある交差点の先頭の時だけにしています。
その他は信号待ちでは点灯させたまま。
また、右折車が来た時には消灯しています(特に降雨の夜)。
オートライトにしていると点灯消灯を激しく繰り返すので、オートライトは使ってません。
昼間の短いトンネルでは車幅灯をつけているので、車幅灯を明るいLED
にしているのです。
(道交法ではトンネルでは前照灯を点灯する事に定められているので、長いトンネルではロービームを点灯しないと後続車に追突される原因になります)
・劣化バッテリーを使用していて電圧が低い状態
電圧が低いと点灯時から全開照射までにフル稼働しているHIDのバラストが電圧増幅に大きな負担がかかってバラストの寿命を早めてしまいます。
2年おきにバッテリー交換をすればHIDも長持ちします。

車幅灯がLEDの爆光なら短いトンネルでHIDのロービームを点灯しなくても前走車に存在をアピールできるから110ルーメン5000ケルビン340度照射のタイプにすると思います。
車幅灯の補助としてデイライトを導入するという手もありますが、デイライトの法的な定めが明確になっていないので、純正オプションのデイライトしかお勧めできません。

2016年の保安基準でデイライトの基準が定められました。

・昼間走行灯の光度は、1,440cd 以下であること(海外の基準と同じ)。
・昼間走行灯の照射光線は、他の交通を妨げないものであること。
・昼間走行灯の灯光の色は、白色であること(青色デイライトは昼間走行灯ではなく、その他の灯火類になる)。
・昼間走行灯は、灯器が損傷し、又はレンズ面が著しく汚損していないこと。
・昼間走行灯は、レンズ取付部に緩み、がた等がないこと。
・昼間走行灯の照明部の大きさは、25 ㎠以上 200 ㎠以下であること。
・原動機の操作装置が始動の位置にないとき及び前部霧灯又は前照灯が点灯しているときは、昼間走行灯は自動的に消灯するように取り付けられなければならない。
・昼間走行灯は、点滅するものでないこと。
ヘッドライトがLED&コンピュータ制御になり、そのON/OFFを簡単に判別できなくなっているので、「連動して消灯」の制御は純正制御器以外の市販品では難しいです。
HIDやハロゲンのように制御は手動のみならリレーで対応できますけど、純正LEDライトはコンピュータ制御なので市販品のデイライトはアフター品から消えていく事になります。

今は、自宅にいます。
昨日は1日中、寝ていて、深夜に車で戻ってきました。
全然眠くないですが、今から寝ます。
午後からは転勤する前から通院している皮膚科に行ってきます。
アレルギー性蕁麻疹の処方薬をもらう。
花粉症からニッケルから太陽光線過敏症からハウスダストからフードアレルゲンと多岐。
こう見えて、私、温室育ちなので、スポーツはインドアスポーツのフルコンタクト空手しかできません。
そうそう、光といえば、ブラウンの光脱毛器をアマゾンで3万円で再購入しました。
体毛が薄い私は脱毛エステに行く必要がないのですが、脱毛器をしないと薄っすらと黒い毛が生えてきてしまうので、ブラウンの抜くタイプの脱毛器と同じブラウンの光脱毛器の2本立てで脱毛をしています。
手の甲とか腕は脱毛器だとうまくいかないので光脱毛器、足の毛は毛根が腕よりも太いので抜くタイプ、お腹や胸や肩は毛が細いので脱毛器ではあまり意味をなさないので光脱毛器、と使い分けていました。
冬でもストッキングやレギンスを履かずに学生の頃と同じように生足スカートを通している私は脱毛には凝っているんです。
いつもキレイな身なりにしている理由は、ガッカリされたくないから期待は裏切れないから。
それに、蒸れるような物を履いていると冬であってもインキンタムシ(股(こ)部白癬菌)になりますから、通気性優先で生足です。
しかし、抜くタイプの脱毛器は毛嚢炎を引き起こしたり、埋没毛を作ったりであまり良い結果にはなりません。
最近、ブラウンの実勢価格3万円の光脱毛器の新バージョンが発売されたのですが、日本では売れているケノン並みの価格で7万円もします。
そこで、実勢価格3万円の旧タイプの在庫があるうちにアマゾンで買い替えました。
今まで使っていたブラウンの旧タイプの光脱毛器のレンズカバーも黒く汚れていたのでいい機会かなと思います。
7万円も出してケノンを購入できる人は、体毛が濃くてエステか医療脱毛レベルの人じゃないと高価すぎて私には出せません。
ブラウンの光脱毛器は3万円で買えるから良かったのに新バージョンは7万円って酷い。
医療レーザー脱毛を全身に施したいです。
体毛ボーボーでも可愛いのは猫だけですよ。
男性も男性ホルモン過多で体毛ジャングルな人よりも、女性ホルモンが多い生業の所得が多い男の娘が好みです。
nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1